最新情報・ニュース(2017年7月〜)
−ホームネットワーク/デジタルホーム関連−

ホームネットワーク(家庭内LAN)による デジタルホーム構築に関連する最新情報・ ニュースを紹介します。
新製品発売や新技術の発表などを順次掲載していきます。
最新更新日 2018年2月21日

最新情報・ニュースの過去履歴は、下記の各ページにまとめてあります。
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2017年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2009年)




年月日 関連分野 内 容
2018年
2月21日
チューナ

ピクセラ、Win/Mac/Android対応で録画もできる地デジチューナ「Xit Stick」

ピクセラは、WindowsとAndroidに加え、Macにも対応したスティックタイプの地上デジタル/ワンセグ対応チューナ「Xit Stick」を3月2日に発売する。 ブランドをこれまでの「StationTV」から「Xit(サイト)」へとリブランドしている。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11,800円前後。

2018年
2月21日
スマートスピーカー

「Amazon Alexa スキル」 2018年1月の人気ランキングを発表

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、2017年11月に招待制で販売を開始したスマートスピーカー、 Amazon Echoシリーズで利用できるAlexaスキルの2018年1月の人気ランキングを発表した。

2018年
2月20日
スマートリモコン

スマートリモコン「Nature Remo」が家電量販店やAmazonで販売開始

Nature Remoは、無線LANと赤外線通信機能を備えた小型のリモコンデバイス。 家電をインターネットに繋げて手軽にスマートホームを実現する。 外出先から帰宅前にスマートフォンでエアコンをつけたり、 Google Home やAmazon Echoから音声でテレビや照明を操作することができるほか

2018年
2月19日
映像配信サービス

Rakuten TVがPlayStation 4で視聴可能に。最大60%ポイント還元キャンペーンも

楽天の映像配信サービス「Rakuten TV」が、PlayStation 4で視聴可能になった。 PlayStation Storeに視聴用アプリ「Rakuten TV」が公開されており、無料でダウンロードできる。

2018年
2月19日
NAS

USB HDDより安心・安全にデータ保管! 2万円を切るQNAPの2ベイNAS「TS-228A」で低コストかつスナップショットも使えるプライベートクラウドを導入しよう

特に注目したいのが、ARM CPU搭載の低価格モデルでもスナップショットが使えるようになったQNAPの製品だ。 初めてのNASとしてちょうどいい「TS-228A」を実際に使ってみた。

2018年
2月16日
映像配信サービス

Huluのリアルタイム配信がTVやFire TVで視聴可能に。ウォーキング・デッドも大画面

Huluは、リアルタイム配信サービスを、テレビやApple TV、Fire TV、Chromecastなどのリビングルームデバイスでも、 26日の午後から対応させる。

2018年
2月16日
スマートホーム

声だけで家電を一括操作! わが家のスマートホーム化が想像以上に簡単だった

ケーブルテレビのイッツ・コミュニケーションズが提供する「インテリジェントホーム(以下、iH)」サービスについてレビュー。 実際に導入した結果を報告している。

2018年
2月15日
BDレコーダ

さらに「時短」追求した東芝レグザブルーレイ。RDのプレイリスト編集を復刻

東芝映像ソリューションは、「時短」機能を強化し、 プレイリスト編集機能を復刻したBlu-ray Discレコーダ「レグザブルーレイ」の新モデル6製品を3月中旬より順次発売する。 リモコンに「時短」ボタンを装備し、このボタンを押すことで、録画番組を[時短で見る]画面が立ち上がり、 CMをスキップして、本編だけを見られるなど、より短い時間で番組が楽しめる。

2018年
2月15日
スマートスピーカー

EchoスピーカーにJR東の運行情報を通知。Amazon Alexaのスキル拡張

Amazon.co.jpは、音声アシスタントのサードパーティ拡張「スキル」を強化。 スキルからAlexaへプッシュ通知で最新情報やメッセージを送信する通知機能のプレビュー版を公開した。

2018年
2月14日
BDプレーヤー

センターメカのパナソニック最上位UHD BDプレーヤー「DP-UB9000」

Panasonic UKは、Ultra HD Blu-rayプレーヤーのフラッグシップモデル「DP-UB9000」を発表した。 次世代のHDR方式として提案している「HDR10+」に対応するほか、Dolby Visionに対応。 またGoogleアシスタントやAmazon Alexaなど音声アシスタントに対応予定。

2018年
2月13日
マルチメディアプレーヤーソフト

VLCメディアプレーヤー3.0.0登場。HDRや8K再生支援、Chromecast対応

仏VideoLAN Projectは9日、マルチメディアプレーヤーソフト「VLC media player」の最新版「VLC 3.0.0」(Vetinari)を公開した。 新たにHDRやChromecast出力をサポート。VLC media playerは、多くのフォーマットに対応したオープンソースのマルチメディアプレーヤー。

2018年
2月11日
スマートスピーカー

AIスピーカー、アマゾンよりグーグルを選ぶ4つの理由

最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」からの転載記事。 市場ではアレクサが優勢だ。消費者やテクノロジー好きがグーグルホームを見直して、 エコー搭載端末と同等(あるいはそれ以上)の敬意を払うべき4つの理由を挙げよう。

2018年
2月10日
スマートスピーカー

アップルAIスピーカー発売、「音楽」重視の効果は

米アップルは9日、音声人工知能(AI)で操作するスマートスピーカー「ホームポッド」を米国などで発売した。 アップルがスマートスピーカーを出した狙いは何か。初日に購入した人たちの声から探った。

2018年
2月9日
映像配信サービス

映像配信にリアルタイムの価値を。「dTVチャンネル」が目指すスマホテレビ

スマートフォンなどで約30の専門チャンネルを視聴できる映像配信サービス「dTVチャンネル」が1月30日にスタートした。 「オンデマンド」型では無くて、dTVチャンネルは放送中の“チャンネル”を選ぶ「リニア」(リアルタイム)型の映像配信となる。

2018年
2月9日
ネットワークカメラ

スマホで制御できるロボット型カメラ「AUDUBE」、ユニットコムが9980円で販売

株式会社ユニットコムは、IEEE 802.11n/g/b対応のロボット型ネットワークカメラ「AUDUBE(アドビ)」の販売を開始した。 130万画素の1/3インチCMOSセンサーを搭載する頭部が回転する機構を備えたロボット型カメラ。 1280×960ピクセル(H.264形式)の動画を撮影可能。撮影した映像はmicroSDカード(最大128GB)に保存できる。

2018年
2月7日
SeeQVault、ポータブルSSD

アイ・オー、1クールのドラマ3作を持ち運べるSeeQVault対応SSD。Androidで再生

アイ・オー・データ機器は、テレビ録画番組を別の機器に引き継げるSeeQVaultに対応したポータブルSSD「SDP-SQ30H」を2月末に発売する。 価格は27,700円。SeeQVault対応のレコーダから録画番組をダビングし、持ち運べるポータブルSSD。

2018年
2月6日
ネットワークスピーカー、Google Home連携

アイワ、Chromecast機能搭載ネットワークスピーカー。Google Home音声操作も

アイワは、無線LAN搭載のネットワーク対応スピーカー「XR-WS100」を2月下旬に発売する。 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16,800円前後。スマートスピーカーのGoogle Homeと連携し、声でも操作できる。

2018年
2月6日
セキュリティ、NAS、Wi-Fi-ルーター

アイ・オー・データのNASやWi-Fi-ルーターなどに脆弱性、同社製品用の設定ツール「Magical Finder」対応の機器で

設定ツール「Magical Finder」に対応する複数のネットワーク機器において、OSコマンドインジェクションの脆弱性がある。 OSコマンドインジェクションの脆弱性により、悪意の第三者からリモートで任意のOSコマンドを実行される可能性がある。 各製品とも対策済みのファームウェアが公開されており、速やかに更新することが推奨されている。

2018年
2月5日
スマートリモコン、スマートスピーカー連携

ラトックのスマートリモコンがGoogleアシスタント対応。Google Homeで家電操作

ラトックシステムとソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンク C&S)は5日、Googleアシスタントに対応したスマート家電コントローラ用アプリを提供開始した。 Google Homeなどのスマートスピーカーに「OK Google、家電リモコンにつないで」と話しかけると、音声で家電をコントロールできるようになる。

2018年
2月1日
スマートスピーカー

我が家の生活必需品になったスマートスピーカー。生活が楽しく変わる

今回は発売日からスマートスピーカーを愛用している筆者が、「導入して生活がどう変わったか」という体験を主軸にして、 スマートスピーカーの使用感をレポート。

2018年
2月1日
Wi-Fiルーター

5000円の“おひとりさま対応”Wi-Fiルーター、NEC「Aterm WG1200CR」発売

一人暮らしにちょうどいい、コンパクトな無線LAN(Wi-Fi)ルーター「Aterm WG1200CR」が、 NECプラットフォームズ株式会社より2月8日に発売される。 5GHz帯の周波数を使うIEEE 802.11ac/a/nと、2.4GHz帯のIEEE 802.11n/g/bという無線LAN規格に対応する。

2018年
1月30日
スマートリモコン

Echo/Google Homeで家電を音声操作できる「sRemo-R」。GPSで帰宅時に照明ONも

SOCINNOは、テレビやエアコンなどの家電を、スマートスピーカーを介して音声操作可能にするスマートリモコン「sRemo-R(エスリモアール)」を1月30日に発売する。 価格は6,800円。IFTTTやAmazon Alexaスキルなどにより、様々なサービスと連携する。

2018年
1月30日
テレビ録画、外付けHDD

TV録画向けの外付けHDD「e:RECO」。USB 3.1対応で約8,480円〜

エレコムは、テレビ録画用の外付けHDD「e:RECO」の新製品として、USB 3.0/3.1対応の2タイプ4シリーズを2月中旬より発売する。 テレビはシャープのAQUOSやソニーBRAVIA、東芝REGZA、パナソニックVIERAなど、 国内で販売されている主要テレビ23社の製品で動作検証済み。

2018年
1月30日
スマートスピーカー、Clova

LINEのClovaに、食材カロリーを教えてくれる新機能

LINEは30日、スマートスピーカー「Clova WAVE/Frirends」に食材のカロリー変換機能を追加した。 Clovaに食材のカロリーを聞くと、その食材が何カロリーか教えてくれる。

2018年
1月30日
スマートスピーカー、HomePod

アップルがHomePodをいよいよ発売、そしてGoogle Homeにはオーディオブックが登場

いよいよ2月9日にHomePodが発売されるようだ。当初は英語圏のみで、日本での発売日程は発表されていない。 値段は少々高めの価格は349ドル(日本円に換算するとおおよそ3万8000円)。

2018年
1月30日
スマートスピーカー、HomePod

アップルがHomePodをいよいよ発売、そしてGoogle Homeにはオーディオブックが登場

いよいよ2月9日にHomePodが発売されるようだ。当初は英語圏のみで、日本での発売日程は発表されていない。 値段は少々高めの価格は349ドル(日本円に換算するとおおよそ3万8000円)。

2018年
1月30日
スマートホームデバイス、スマートプラグ

TP-Link、Wi-Fi接続のコンセント直結型スマートプラグ「HS105」

いよいよ2月9日にHomePodが発売されるようだ。当初は英語圏のみで、日本での発売日程は発表されていない。 値段は少々高めの価格は349ドル(日本円に換算するとおおよそ3万8000円)。

2018年
1月26日
HDMI接続、スティック端末

4K TVに最適な超スペックプレーヤー「Air Stick 4K」、一部TSUTAYAでも体験可能

18日に発表&発売された「Air Stick 4K」は、ストリーミング映像配信サービスなどの各種エンタメコンテンツを大画面テレビで楽しめる、 HDMI接続式のスティック端末だ。OSにAndroid TVを採用しており、各種アプリの追加にも対応。

2018年
1月26日
スマートリモコン、スマートスピーカー

スマートスピーカー最高の相棒。EchoとGoogle Home両対応リモコン「Nature Remo」

スマートスピーカーをより活用するための連携機器として筆者がお勧めするのが、「Nature Remo」だ。 スマートスピーカーの代表的存在となりつつあるAmazon EchoとGoogle Homeの両方に対応し、設定次第で自分好みにカスタマイズできる。 今回はスマートスピーカーとの連携を中心に、Nature Remoの設定や使用感をレビューしたい。

2018年
1月26日
デジタルTV

パナソニック、4K/HDRスタンダードテレビ「VIERA FX600」。55型は実売20万円

パナソニックは、4K液晶テレビのスタンダードモデル「VIERA FX600」シリーズ3機種を2月23日に発売する。 43/49/55型の3モデルをラインナップし、価格はオープンプライス。 地上/BS/110度CSの3波デジタルチューナを2基搭載。別売のUSB HDDを接続し、裏番組の録画も行なえる。

2018年
1月26日
映像配信サービス

30ch見放題で月額780円の「dTVチャンネル」30日開始。4K/HDR対応の新STBも

NTTドコモは、スマートフォンなどで映画やドラマ、アニメ、趣味など30以上の専門チャンネルが見放題となる映像サービス「dTVチャンネル」を1月30日から提供開始する。 料金は、ドコモ回線のユーザーが月額780円、それ以外は1,280円。

2018年
1月26日
スマートホーム

KDDI、コラボモデルによるホームIoT「with HOME」を1月30日より提供開始

「with HOME」は、ホームIoTサービス「au HOME」を多業種のパートナー企業と共同で企画、 開発するコラボレーション型ホームIoTサービスだ。基本利用料を月額490円とし、「with HOMEデバイス」を購入することで利用できる。

2018年
1月25日
映像配信サービス

シャープのAQUOS UH5/US5がAmazonプライム・ビデオ対応。Android TV採用機

シャープは、Android TV搭載の4K液晶テレビ「AQUOS UH5/US5」シリーズにおいて、 映像配信サービスのAmazonプライム・ビデオを視聴できるようにするアップデートを2018年2月中に配信する。

2018年
1月24日
NAS

USB DACをネットワークオーディオ化できるアイ・オーの音楽NAS「Soundgenic」

アイ・オー・データ機器は、ネットワークオーディオサーバー用NAS「Soundgenic」を2月中旬より発売する。 「HDL-RA2HF」はHDD容量 2TBで、価格はオープンプライス。店頭予想価格は35,000円前後。

2018年
1月23日
スマートスピーカー

Apple、スマートスピーカー「HomePod」を2月9日米国発売

Appleは、音声アシスタント「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を2月9日にアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売する。 フランス、ドイツは春の発売を予定している。日本での発売は未定。

2018年
1月23日
NAS

QNAP、クアッドコアCPUのエントリーNAS。16,800円〜

テックウインドは、QNAPのNAS「TS-x28Aシリーズ」を2月2日より発売する。 「自宅でパーソナルクラウドを始めるのに最適」というエントリー向けのNAS。 店頭予想価格は、2ベイ「TS-228A」が22,800円前後(税込)、1ベイ「TS-128A」が16,800円前後(同)。いずれもHDDは別売。

2018年
1月22日
スマートホーム

築20年のマンションをスマートホームにしたら共働き夫婦の生活がこう変わった!

スマートホームの核となっているのが、イッツ・コミュニケーションズの「インテリジェントホーム」サービス。 スマートホーム化のために、どんなシステムを組み込んでいるのかを細かく見ていくことにしよう。

2018年
1月19日
スマートホーム、スマートスピーカー

レオパレス21の物件で、Amazon Alexaに話しかけて家電操作が可能に

レオパレス21は19日、物件に導入している「LeoRemocon(レオリモコン)」の、Amazon Alexaへの対応を開始。 入居者がAmazon Echoを購入すると、音声でAlexaに話しかける事で照明の操作が可能になる。 今後、エアコンやテレビの操作も可能になる予定。

2018年
1月18日
Android TV端末

4K/HDR対応でルータにもなる9,800円のAndroid TV端末「Air Stick 4K」

CCC AIRは、オクタコアプロセッサと16GBのストレージを搭載し、 4K/HDRにも対応したスティック型のAndroid TV端末「Air Stick 4K」を1月18日に発売した。 無線LANルータ機能も備えており、価格は9,800円。

2018年
1月18日
スマートホーム

レオパレス21、入居者に4K/HDR対応「Life Stick」。退室者の継続利用も

レオパレス21は18日、新築アパートやマンションなどの賃貸物件に、 4K/HDR対応の新しいスティック型Android TV端末「Life Stick」の導入を2月初旬から開始する。

2018年
1月17日
アプリ

スマホの写真/動画をNASに自動保存、アイ・オーの新アプリ「Fotoclip」

アイ・オー・データ機器は17日、スマートフォンで撮影した写真/動画を無線LAN経由でNASに自動で保存できる無料アプリ「Fotoclip(フォトクリップ)」を提供開始した。 対応OSは、iOS 9.0〜11.2と、Android 4.1〜8.0。

2018年
1月16日
スマートホーム、スマートスピーカー連携

パナソニック、「スマートHEMS」につながる機器を14社27機種に拡充

パナソニック株式会社の社内カンパニーであるエコソリューションズは、スマートHEMSの中核となるAiSEG2(アイセグ2)のバージョンアップを行い、 2018年3月21日より発売する。これにより、スマートHEMS(AiSEG2)につながる機器が14社27機種に拡充される。 家電・住宅設備などの機器が個別でスマートスピーカーに対応していない場合でも、 AiSEG2につながる機器はスマートスピーカー連携が可能。Googleの「Googleアシスタント」を搭載し、 音声操作が可能なスマートスピーカー「Google Home」とAiSEG2が連携する。

2018年
1月15日
デジタル放送

NHK BS1などBS放送の解像度が横1,440ドットに。新4K/8K放送に向け帯域削減

1月14日にBSデジタル放送「NHK BS1」の解像度が1,440×1,080ドットに削減された(従来は1,920×1,080ドット)。 新4K/8K放送に向けた帯域再編のための帯域削減の影響で、22日以降はBS朝日、BS-TBS、BS日テレ、 BSフジの民放BS 4社が帯域削減を予定しており、これらも1,440ドットとなる見込み。

2018年
1月15日
展示会、CES

激しさを増す“サムスン 対 LG”。サムスンが「マイクロLEDテレビ」を'18年に投入!?

ラスベガスで開催されたCES(国際家電ショー))で展示されているサムスンとLGのブースを紹介。 サムスンは、新製品をカテゴリに分けて陳列するスタイルではなく、 今年、一番力を入れているAI家電のプラットフォームを周知させる展示に変えてきた。

2018年
1月15日
無線LANルーター

こんな無線LANルーター見たことない! 円盤状+可動式アンテナのバッファロー「WTR-M2133HP」

バッファローから、極めて個性的なデザインを採用した無線LANルーター「WTR-M2133HP」が登場した。 とにかく今までに見たことがないデザインの製品となっている。その実力を検証しつつ、「どうしてこうなった」のかを同社に聞いた。

2018年
1月13日
スマートスピーカー

4980円で買えるAlexa対応スマートスピーカー「Eufy Genie」と「Echo Dot」を比較して分かったこと (1/3)

Ankerのスマートスピーカー「Eufy Genie(ユーフィー・ジニー)」に関するレビュー記事。 見た目はEcho Dotとほぼそっくりながら価格が若干安いことが特徴だ。 Amazon.co.jpでの販売価格(税込)はEcho Dotが5980円、Eufy Genieが4980円と1000円安い。

2018年
1月12日
展示会、CES、JBL

JBLのGoogleスマートディスプレイや個性派ヘッドフォン。Alexaポータブルスマートスピーカーも

ハーマンインターナショナルは、Googleaアシスタント搭載の“スマートディスプレイ”として、JBLブランドの「LINK VIEW」をCES 2018に出展している。 そのほか、Googleアシスタント搭載のBluetoothヘッドフォン「EVEREST 710BT」なども。

2018年
1月12日
展示会、CES、Jabra

Jabra、Alexaなど音声アシスタント連携を強化した左右分離型イヤフォン

「CES 2018」において、Eliteシリーズの新製品として、左右完全分離型やネックバンド型のワイヤレスイヤフォン3機種を発表した。 2月から4月にかけて順次発売予定 スマートフォンと連携し、通話のほか、AmazonのAlexa、iOSのSiri、GoogleのGoogle Nowといった音声アシスタントにも対応。

2018年
1月11日
スマートスピーカー

スマートスピーカーの新しいカタチ「Google Smart Display」とは? (1/2)

米Googleは1月8日(現地時間)、家電見本市「CES 2018」の開催に合わせて新しいスマートデバイス「Google Smart Display」(スマートディスプレイ)を発表し、 Lenovo(レノボ)やLG Electronicsなどが開発した製品を紹介した。

2018年
1月9日
スマートスピーカー

Google、「Amazon Echo Show」対抗の“スマートディスプレイ” ソニーやLenovoが発売へ

米Googleは1月8日(現地時間)、音声AIアシスタント「Googleアシスタント」搭載の新たなカテゴリー「Smart Display」を発表した。 米Amazon.comの「Echo Show」や「Echo Spot」のような、タッチディスプレイ付きスピーカーだ。 年内に、JBL、Lenovo、LG Electronics、ソニーがSmart Display製品を発売する見込み。

2018年
1月8日
スマートスピーカー

【実録】ネット切断時にスマートスピーカーは使えるのか (1/2)

停電およびインターネット回線が不通になっている間、「Amazon Echo」「Google Home」の両製品を使ってあれやこれやと実験してみたので、 今回はそれを実録という形で紹介する。

2017年
12月29日
AirPods、スマートスピーカー

没入と開放。AirPodsとスマートスピーカーで感じた声と音の新時代 by 編集部:臼田

今年話題を集めた左右完全分離型ワイヤレスイヤフォンのApple「AirPods」と、 “声”というテーマで話題になった製品のスマートスピーカー(と音声アシスタント)について使用感を解説。

2017年
12月27日
スマートスピーカー

スマートスピーカーを買ったら音声操作の便利さにハマった by 編集部:庄司

実際にスマートスピーカーを購入して音楽配信サービスと組み合わせて使用して、その便利さを解説している。

2017年
12月27日
チューナ、HDDレコーダl

アイ・オー、32,800円のトリプルチューナ搭載小型レコーダ。付属HDDを変更

トリプルチューナを搭載したシンプルなHDDレコーダ「REC-ON HVTR-T3HDTシリーズ」を2018年1月下旬より発売する。 HDD容量1TBの「HVTR-T3HD1T」と2TBの「THVR-T3HD2T」が用意されている。

2017年
12月26日
DIGA、HDDレコーダ

5年ぶりのレコーダ新調で使い勝手はどう変わる? DMR-UBZ2030を家に置いてみた

5年前のレコーダを最新レコーダに置き換えると今の生活がどれくらい便利になるのか? パナソニックから発売されたトリプルチューナ/2TB HDD搭載の最新DIGA「DMR-UBZ2030(以下、UBZ2030)」を自宅に設置して、 その使い勝手を試した。

2017年
12月26日
スマートスピーカー、Clova WAVE

LINEのClova Friends/WAVEが、英語・中国語・韓国語翻訳対応

LINEは26日、スマートスピーカー「Clova WAVE」、「Clova Friends」に、翻訳機能を追加した。 Clovaに話しかけて、日本語から英語や中国語、韓国語に翻訳できるようになった。

2017年
12月25日
有機ELテレビ

夢叶う2017年。ついに来た有機ELテレビ時代 by 麻倉 怜士

2017年にソニー、東芝、パナソニック、そして2015年から先行発売していたLGエレクトロニクスも加わり、有機EL4社がここに揃い踏みした。

2017年
12月25日
アプリ、メディアサーバー

Synology NAS「DS218j」がDTCP-IP対応。DiXiM Media Server提供開始

デジオンは、DTCP-IP配信機能を備えたメディアサーバーアプリ「DiXiM Media Server」を、Synology製NAS向けに提供開始する。 第1弾としてSynology NAS「DS218j」向けアプリを発売し、価格は8.5ドル。

2017年
12月21日
スマートスピーカー

スマートスピーカーにJBLサウンドと“ポータブル”の価値。JBL LINK 20/10

JBLのGoogleアシスタント対応スマートスピーカー「JBL LINK 20」、「JBL LINK 10」は、 「JBLサウンド」とともに大きな特徴といえるのが、「ポータブル」であるということ。その概要を紹介している。

2017年
12月21日
BDレコーダ

東芝、“時短”レコーダに約4万円の1TBモデル。らく見/飛ばし見対応

東芝映像ソリューションは、Blu-ray Discレコーダの新モデル「DBR-E1007」を12月下旬に発売する。 地上/BS/110度CSデジタルのシングルチューナと1TB HDD搭載。 「レグザブルーレイ」の新モデルで、放送時間よりも時間を短縮して番組を楽しめる“時短”にこだわっているのが特徴。

2017年
12月21日
スマートスピーカー

Alexa対応で4,980円、Anker手のひらスマートスピーカー「Eufy Genie」

アンカー・ジャパン(Anker)は、 「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Eufy Genie」を、 Amazon.co.jpにおいて12月21日より招待制で販売する。価格は4,980円(税込)。

2017年
12月21日
PCソフト

ソニーの「PC TV Plus」アプリがアップロード型ムーブ対応。TVからPCダビング

ソニーは21日、ネットワークレコーダ「nasne」などの録画/放送番組をPCで視聴できるソフト「PC TV Plus」を、Ver.3.5へアップデートした。 新たに、アップロード型ムーブの受信と送信に対応。

2017年
12月20日
動画配信サービス、ビデオパス

Android TV採用のソニーBRAVIAで、ビデオパスの視聴が可能に

KDDIは20日、Android TVを採用したソニーのBRAVIA向けに、動画配信サービス「ビデオパス」の対応を開始。 BRAVIAからGoogle Playにアクセスし、ビデオパスをアプリをダウンロードする事で、テレビで楽しめるようになる。

2017年
12月19日
ネットワーク対応録画チューナー

テレビ生活がはかどる小型レコーダー。アイ・オー「HVTR-BCTX3」で年末年始は特番漬け

今回はアイ・オー・データ機器のネットワーク対応録画チューナー「REC-ON HVTR-BCTX3」を紹介する。

2017年
12月19日
映像配信サービス

AbemaビデオがFireTV、Android TV、Apple TV対応。テレビでAbemaTV見逃し視聴

映像配信サービス「AbemaTV」の見逃し番組をいつでも視聴可能にする「Abemaビデオ」が、 Amazon Fire TVシリーズとAppleTV(第4世代)、Android TVに対応し、テレビの大画面でAbemaビデオを楽しめるようになった。

2017年
12月13日
NAS

アイ・オー「RECBOX DR」、DIGA全自動録画番組の自動ダビング対応。検索性も向上

アイ・オー・データ機器は13日、レコーダで録画した番組の宅外視聴に対応したNAS「RECBOX DR」をアップデート。 パナソニック製DIGAの全自動録画番組を、自動でRECBOXにダビングする機能を追加する。

2017年
12月12日
スマートスピーカー

Amazon Echoのスピーカー性能を試す

スピーカーとしての音質評価はあまりされていないのではないかと思い、音楽再生機器という切り口で軽くレビューしてみた。

2017年
12月12日
ホームネットワーク、セキュリティ

狙われたネット家電をWi-Fiルーターで防御! トレンドマイクロの技術で家庭を守るエレコム「WRC-2533GST」をテスト

エレコムから新たに登場した無線LANルーター「WRC-2533GST」は、国内メーカーとして数少ないトレンドマイクロのセキュリティ技術「スマートホームネットワーク」を搭載している。 AIスピーカーやスマートテレビなど、ネットワーク対応の家電が増える中、もはや必須とも言える後者の特徴に注目して、 製品をチェックしてみた。

2017年
12月12日
Miracast

Miracastはついに4K出力が可能に、11acとH.265もサポート

Wi-Fi Allianceは2017年7月に、Miracastに4Kの再生に関する認証を追加した。 これに絡め、今回は「Miracast」について簡単にご紹介したい。

2017年
12月10日
スマートスピーカー

スマートスピーカーで変わる音楽生活。声の操作でAmazon Echoは何を聴かせてくれる?

スマートスピーカーの主な用途の一つは音楽ではないだろうか。 そこで、筆者が購入したAmazonの「Echo」(11,980円/税込)と「Echo Dot」(5,980円/税込)で楽しんでいる、 音楽サービスとの連携について紹介したい。

2017年
12月8日
スマートスピーカー

ソニーのGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」、12月9日発売

スマートスピーカー「LF-S50G」は、Googleアシスタントを搭載しており、スピーカーに話しかけることで、 音楽の再生や楽曲の選択・音量の調整ができる他、ニュース等の情報取得・IoTデバイスの対応機器のコントロールができる。 価格は24,880 円(税抜)。

2017年
12月8日
デジタルTV

4K REGZAがAmazonプライム・ビデオ対応。X910/Z810XはHDR色再現性向上も

東芝は、4K対応REGZAにおいて、動画配信サービスの「Amazonプライム・ビデオ」が視聴可能になるアップデートを12月11日から順次提供開始する。 有機ELの「X910」シリーズや、液晶「Z810X」シリーズなど、対象となる7シリーズのアップデート実施時期を公開した。

2017年
12月8日
スマート家電、ルンバ

80m2のマンションを隅々まで掃除できる! アレクサ対応のルンバはやっぱり優秀

今回、ルンバのWi-Fi連携モデル「ルンバ980」とAmazon Echoを連携させてみた。 シリーズ最上位モデルである「ルンバ980」は、本体にカメラやフロアトラッキングセンサーなどの多彩なセンサーを搭載し、 フロア全体をナビゲーション。ルンバのWi-Fi対応モデルは複数あるが、その中でも980は、細かい操作が可能。

2017年
12月7日
スマートスピーカー

初のキャラものスマートスピーカー、LINE「Clova Friends」は6,750円〜

LINEは、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー第2弾「Clova Friends」の予約販売を12月8日から開始する。 LINEキャラクターのブラウンをモチーフにした「Clova Friends BROWN」とサリーをモチーフにした「Clova Friends SALLY」の2製品を用意し、 価格は8,640円(税込)。

2017年
12月7日
アプリ、DTCP-IP、Fire TV

Fire TVでテレビ録画番組が観られる「DiXiM Play」アプリ。17日まで半額700円

デジオンは、DTCP-IP対応のネットワークプレーヤーアプリ「DiXiM Play Fire TV版」をAmazonアプリストアで提供開始する。 価格は、買い切りで1,404円(税込)のプランと、月額108円(税込)のプランを用意。 Fire TV(2015 第2世代/2017 第3世代)と、Fire TV Stick(2016 第2世代)に対応する。

2017年
12月7日
動画配信サービス、Apple TV

Apple TVがAmazonプライム・ビデオに対応。4K HDRも

Amazonは6日、「プライム・ビデオ」アプリを「Apple TV」向けに提供開始した。世界100か国以上でアプリを提供し、 Apple TV 4Kであれば、Amazonプライム・ビデオの4K HDR映像も視聴可能になる。

2017年
12月6日
VR

DMMのVR動画がWindows Mixed Realityに対応。「DMM MR動画プレイヤー」

DMM.comは、動画配信サービスのVR動画をWindows Mixed Realityで楽しめる「DMM MR動画プレイヤー」を12月6日より配信開始した。 Widnows 10のPCと、Windows Mixed Reality専用ヘッドセットを用いて、DMMのVR動画を楽めるようになる。

2017年
12月6日
スマート家電、Hue、センサー

フィリップス、スマートLED照明“Hue”を動きでコントロールできる「モーションセンサー」

フィリップスは、スマートLED照明「Philips Hue」のアクセサリーとして、人の動きを検知して、 照明をコントロールする「Philips Hue モーションセンサー」を12月上旬より順次発売する。 価格はオープンプライス。市場想定価格は4,400円前後(税抜)。

2017年
12月6日
ホームネットワーク、セキュリティ

「Bitdefender BOX」に月額990円のプラン、ホームネットワーク内のIoT機器やスマホ、PCを保護

BBソフトサービス株式会社は、ホームネットワークセキュリティ製品「Bitdefender BOX」の月額サービスを同社ダイレクトストア「BBSS Online」にて提供開始した。 ルーターに接続することで、テレビやゲーム機、IoT機器など端末側でのセキュリティ対策ができないネットワーク内のすべてのインターネット接続機器を検知し、 マルウェアやフィッシング詐欺などから保護できるセキュリティ製品。

2017年
12月4日
無線LAN、WiFiルーター

失敗しないWi-Fiルーターの製品選び(1)

Wi-Fiルーターを自前で選ぶとなると、どういったポイントで選べば良いのか迷うはずだ。 今回から、数回に分けてWi-Fiルーターの製品選びについて、少し考えていこう。

2017年
12月4日
PLCアダプター、電力線通信

コンセント直結型のPLC対応Wi-FiアクセスポイントとPLCアダプターのセット、TP-Link「TL-WPA4220KIT」

ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)は、 PLCに対応した無線LANアクセスポイントとPLCアダプターをセットにしたWi-Fiエクステンダーキット「TL-WPA4220KIT」を12月7日に発売する。 市場想定価格は7800円前後(税込)

2017年
12月1日
スマートスピーカー、Clova WAVE

Clova WAVEが、天気や予定、ニュースをまとめて伝える「ブリーフィング」対応

LINEは30日、AIアシスタント搭載のスマートスピーカー「Clova WAVE」に、天気予報やスケジュール、 ニュースなどをまとめて読み上げられる「ブリーフィング」機能を追加した。「忙しい朝におすすめ」としている。

2017年
12月1日
スマートホーム

IoTスマートマンションはいま、執事の高みへ――AIとともに住まう、暮らしのネクストステージ

スマートマンションを展開するインヴァランスが来春、スマートホームを実現するマンションを分譲開始。

2017年
11月30日
BDレコーダ

レコーダが“おうちクラウド”になると何が変わる? 新DIGAで外でも音楽&写真

2017年秋の新Blu-ray Discレコーダとして登場したパナソニックの「おうちクラウドDIGA」。 レコーダとしての基本機能に、メディアサーバー機能を付加した製品だ。 DIGAに取り込んだ音楽や写真をスマートフォンで自在に再生できることが最大のウリとなっている。

2017年
11月30日
スマートスピーカー

音質で差別化、Amazon/Googleの“AIを選べる”オンキヨーのスマートスピーカー発売

オンキヨグループは、11月より発売するスマートスピーカー2モデルの記者向け体験会を開催。 Amazon Alexa対応の「P3」(VC-PX30)と、Googleアシスタント対応の「G3」(VC-GX30)を披露し、特徴である音質の聴き比べなどを行なった。

2017年
11月30日
スマート家電

シャープ、AIoTエアコンや空気清浄機が「Amazon Alexa」に対応

音声操作で、電源のON/OFFや設定温度を切り替えるスキルなどを、「Amazon Alexa」アプリにて提供を開始した。 今回対応したのは、2017年9月以降に発売したAIoT加湿空気清浄機と、12月以降に発売する無線LAN内蔵のルームエアコン。

2017年
11月29日
無線LAN、中継器

コンセント直挿しタイプの11ac無線LAN中継器をスリム化、バッファロー「WEX-1166DHPS」発売

株式会社バッファローは、コンセント直挿しタイプの無線LAN中継器「WEX-1166DHPS」を12月下旬に発売する。価格は7200円(税別)。 無線LAN接続はIEEE 802.11ac/n/a/g/b(2×2)に対応しており、5GHz帯/2.4GHz帯の同時利用が可能。

2017年
11月28日
スマートスピーカー、Clova WAVE

「童話を読んで」。Clova WAVEが「ごんぎつね」など50種類の童話再生対応

LINEは28日、AIアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」で、 50種類の童話や昔話を再生できる「童話朗読」機能を追加した。 これにより、Clova WAVEに「童話を読んで」と話しかけるだけで、童話が再生される。

2017年
11月28日
スマートホーム、スマートリモコン

置く場所を選ばない、スマートスピーカーに対応するコンパクトなWi-Fiリモコン

コヴィアは、家庭をスマートホームへと進化させるORVIBO社製のスマートホームシリーズを11月末から国内で展開し始めると発表した。 その第一弾として、Wi-Fiリモコン「MagicCube CT-10」を発売。価格はオープンプライス。Amazonでの販売価格は5,980円(税込)。

2017年
11月27日
スマートリモコン

クラウド経由で家電を操作する学習リモコン「MagicCube CT-10」

株式会社コヴィアは、中国ORVIBO社製のスマート赤外線リモコン「MagicCube CT-10」を発売した。価格は5980円(税込)。 家庭内の家電をスマートフォンから遠隔操作できる学習機能付き赤外線リモコン。 自宅LANには、IEEE 802.11n/g/bの無線LANで接続し、家電の操作にはAndroid/iOSアプリ「HomeMate」を使用する。

2017年
11月24日
スマートスピーカー

声で操作する時代の本命、Amazon Echo登場。拡張するスマートスピーカー

スマートスピーカーの本命と目されてきたAmazonの「Echo」が、いよいよ日本で発売開始された。 今回は試用するEchoは、高音質スピーカーを備えた標準モデルという位置づけ。

2017年
11月24日
スマートホーム

スマートホームが隣人に操作される可能性も、市販IoT機器にセキュリティ問題

IoT推進委員会 第7回シンポジウム。 IoT時代のセキュリティ対策」の中から、2つの講演の概要をお伝えする。

2017年
11月24日
無線LAN、Wi-Fiルーター

アイ・オー、IPv6 IPoE対応Wi-Fiルーターの最新モデル「WN-AX1167GR2」発売

2016年2月に発売したモデル「WN-AX1167GR」の後継に当たる製品。無線LAN規格はIEEE 802.11ac/n/a/g/bに対応。 11月下旬に発売する。価格は8300円(税別)。ルーターの上下・左右・前後の360度全方向に電波を放出するF型アンテナと、 最大通信距離を延ばすパワーアンプを併用した独自の「360コネクト」技術を採用。

2017年
11月22日
ネットワークカメラ

水平180度広角レンズ、磁石を搭載したネットワークカメラ「スマカメ180」、プラネックスが発売

IEEE 802.11n/g/b対応のネットワークカメラ「スマカメ180」(CS-QV60F)を11月30日に発売する。市場想定売価は1万4800円(税込)。 水平180度・垂直100度の広角レンズを搭載しており、カメラ1台で室内全体を撮影できるのが特徴。

2017年
11月22日
スマートホーム

コネクテッドホームにGoogle Homeを活用、大和ハウスが「Daiwa Connect(ダイワ コネクト)」プロジェクト開始

その第一弾として、2017年11月23日より、Googleの「Google アシスタント」を搭載し音声で動作するスマートスピーカー「Google Home」と、 東急グループのイッツ・コミュニケーションズ株式会社の「インテリジェントホーム」を活用した「Daiwa Connect」 の実証実験を「渋谷展示場」(東京都渋谷区)と「ジーヴォΣ グランデ展示場」(大阪府吹田市)の2ヶ所で開始する。

2017年
11月21日
スマートホーム

IoTの「au HOME」がGoogle Homeと連携。テレビやエアコンを声で操作可能に

auは、家庭向けIoTサービス「au HOME」の機能を11月28日より拡充。家の照明やエアコンなどを、 スマートスピーカーのGoogle HomeやGoogle Home Miniと連携し、「OK Google,エアコンつけて」などと話しかけて操作可能になるなど、 対応機器やサービスを拡大すると発表した。

2017年
11月21日
スマートスピーカー

LINEのClova WAVE、「音量をちょっと上げて」でTVの音量調整が快適に

LINEは21日、AIアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」の機能を強化。 声で指示してテレビの音量をClova WAVEに調整してもらう際に、従来の1段階ずつではなく、3段階、5段階での調整が可能になった。

2017年
11月21日
スマートスピーカー

Apple、スマートスピーカー「HomePod」発売を延期。2018年初旬に

音声アシスタント「Siri」により、Apple Musicの全機能を操作でき、6アレーのマイクにより、 音楽を大音量で再生中でも音声で操作が行なえるというスマートスピーカー。 価格は349ドルで、米国、英国、オーストラリアでの年内発売を予告していたが、発売延期となった。日本での発売は未定。

2017年
11月17日
デジタルTV

新生シャープの“察する”テレビ。8K技術でAQUOS 4Kの画質を磨く

シャープは、AQUOS 4Kの主力モデルを大きくリニューアルした。「UH5」、「US5」シリーズは、OSにAndroid TVを採用し、 自社のクラウドAIoTサービス「COCORO+」と連携する「COCORO VISION」を内蔵する。

2017年
11月17日
スマートスピーカー

「クローバー、電気をつけて」。Clova WAVEが照明操作対応

LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」が照明の操作に対応した。 17日に提供開始されたLINE Clovaアプリを最新のv1.0.6に更新することで赤外線リモコン操作に対応した7社の照明をClova WAVEから音声でコントロールできるようになる。

2017年
11月16日
nasne、ネットワークレコーダ

nasneの最大録画番組件数が、3,000件へと3倍に拡張

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は16日、ネットワークレコーダ「nasne」のシステムソフトウェアをバージョン2.60にアップデート。 これまで1,000件だった最大録画件数が、3,000件へと拡張された。

2017年
11月16日
スマートスピーカー

LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」、ビックやヨドバシなど量販店でも発売

LINEは、スマートスピーカー「Clova WAVE」の店舗での販売を開始する。 11月17日より、ノジマ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヨドバシカメラの各対象店舗362店舗にて販売する。

2017年
11月16日
おもいでばこ

おもいでばこ、iPhoneの新写真形式「HEIF」の取り込み/表示に対応

カメラやスマートフォンの写真や動画を取り込んで、テレビなどで閲覧できるバッファローの「おもいでばこ」が、 iPhone X/8/7などで採用されたHEIF方式の写真取り込みとテレビ表示に対応した。

2017年
11月16日
スマートコンセント、IoTプラグ

電源コンセント直挿し型のIoTプラグ「ePlug」、家電の電源をスマホから一括操作

株式会社リンクジャパンは、既存の家電をIoT化するアダプター「ePlug」の先行販売を11月22日に開始する。 販売予定価格は4980円(税別)。 専用のAndroid/iOSアプリを使って、自宅や外出先から各家電の電源をスマートフォンから操作できるのが特徴。 今後は、「Amazon Echo」「Google Home」による音声操作にも対応する予定だ。

2017年
11月14日
REGZA、デジタルTV

東芝、テレビ事業を中国ハイセンスに譲渡。REGZAブランド製品の開発・販売は継続

株式譲渡後も東芝映像ソリューションは、TOSHIBA・レグザ(REGZA)ブランド映像商品の自社開発・販売・修理を継続し、 「今まで以上に強化していく」(同社)としている。

2017年
11月14日
スマートスピーカー

オンキヨー、音質にもこだわるGoogleアシスタント対応スマートスピーカー「G3」

オンキヨーグループは、GoogleアシスタントやChromecast built-inに対応した、AI対応スマートスピーカー「G3(VC-GX30)」を、 オンキヨーブランドから11月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。カラーはブラックとホワイト。

2017年
11月14日
ネットワークカメラ

磁石でどこでも設置の完全ワイヤレス! 「見えない」「撮れない」「つながらない」も完全解決 ネットワークカメラ「ネットギア Arlo」の実力とは

ネットギアジャパン合同会社の「Arlo」は、ネットワークケーブルの接続も電源ケーブルの接続もいらない完全ワイヤレスを実現した世界初のネットワークカメラだ。 同社へのインタビューと実際の使い心地の検証を行いながら、その実力に迫ってみよう。

2017年
11月14日
無線LAN、WiFiルーター

11cm四方のコンパクトな11ac対応Wi-Fiルーター、エレコム「WRC-1167FS」シリーズ

エレコム株式会社は、IEEE 802.11ac/n/a/g/bに対応する無線LANルーター「WRC-1167FS」シリーズを11月下旬より発売する。 価格は5760円(税別)。本体背面には100BASE-TX対応のWAN×1、LAN×1を装備。 また、ルーターモードとアクセスポイントモードの動作切り替えスイッチも搭載する。

2017年
11月10日
スマートスピーカー、Amazon Echo

「あらゆるところにAlexaを」。Amazonに聞く音声操作の可能性と音楽との再会

「Amazon Echo」とそのコア技術である音声アシスタント「Alexa」の担当シニア・バイス・プレジデントを務めるトム・テイラー氏に、 短時間であるが話を聞くことができた。彼へのインタビューから、Amazonの戦略の一端が垣間見えてくる。

2017年
11月10日
ネットワークカメラ

監視カメラが今熱い! 個人・SOHO向け低価格監視カメラ選び方ガイド

カメラの低価格が進み、録画システムにクラウドサービスやNASの活用も可能になったことで、導入の敷居が低くなってきた。

2017年
11月8日
スマートスピーカー、Amazon Echo

Amazonのスマートスピーカー「Echo」は11,980円。“全く新しい”日本語Alexa

スマートスピーカー「Amazon Echo」を日本で発売する。価格は11,980円(税込)でプライム会員は11月17日まで4,000円オフの7,980円(同)。 招待制で販売し、本日から招待メールのリクエスト受付を開始、来週より出荷する。

2017年
11月8日
スマートスピーカー、Amazon Echo

5,980円のAlexa小型スマートスピーカー「Echo Dot」。スマートホーム対応「Echo Plus」も

Amazon Alexa対応のスマートスピーカーとして、小型モデルの「Amazon Echo Dot」と、 スマートホーム対応の「Echo Plus」を日本で発売開始した。価格はEcho Dotが5,980円(税込)で、プライム会員は11月17日まで2,000円オフ。 Echo Plusは17,980円(税込)で、期間限定のキャンペーンとして連動するLEDライト「Philips Hue」が1個付属する。

2017年
11月8日
スマートスピーカー、Amazon Echo

Alexaの機能を拡張する265スキル。牛丼の注文からAbemaTV、初音ミクと会話まで

Amazon Skillsのページにおいて各社から265のスキルが提供され、今後も増加する見込み。

2017年
11月8日
Amazon Echo、音楽配信サービス

「Amazon Music Unlimited」開始、Echoユーザーは月額380円。4千万曲以上聴き放題

Amazon.co.jpは8日、定額制で4,000万曲以上が聴き放題の音楽配信サービス「Music Unlimited」を日本でスタートした。 スマートスピーカー「Echo」のユーザーは月額380円で利用可能。 個人プランの通常価格は月額980円で、プライム会員は月額780円、年額7,800円に割引される。

2017年
11月8日
スマートスピーカー

Alexa対応で4,980円のAnkerスマートスピーカー「Eufy Genie」。スマート家電連携

アンカー・ジャパン(Anker)は、 クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Eufy Genie」を年内に発売する。 価格は4,980円(税込)を予定している。

2017年
11月8日
スマートスピーカー

オンキヨー、音にこだわったAlexa対応スマートスピーカー「P3」11月下旬発売

Amazonのクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応し、DTS Play-Fi機能も搭載したスマートスピーカー「P3(VC-PX30)」を、 オンキヨーブランドから発売する。

2017年
11月8日
スマートスピーカー

Harman Kardon、Alexa対応のスケルトンスマートスピーカー「Allure」

ハーマンインターナショナルは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカーとして、 Harman Kardonブランドから「Allure」を年内に発売する。公式通販サイトでの価格は24,880円の予定。

2017年
11月8日
スマートリモコン

各社スマートリモコンがAmazon AlexaとEcho対応。声でテレビやエアコンなど操作

様々な家電を操作するスマートリモコンにおけるAlexa対応を各社が発表。ラトックシステムが新機種「RS-WFIREX3」を発売するほか、 グラモの既発売モデル「iRemocon」と、リンクジャパンの「eRemote」2機種が対応開始すると発表した。

2017年
11月7日
無線ルーター

DXアンテナの技術でWi-Fiを高速化した11acルーター、エレコム「WRC-1900GST」

DXアンテナの技術を採用したIEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LANルーター「WRC-1900GST」を11月下旬に発売する。 価格は1万4120円(税別)。トレンドマイクロのセキュリティ技術「Trend Micro Smart Home Network」の機能を搭載。脆弱性を狙う攻撃や、 情報漏えいを伴う外部への不正な通信をブロックする機能も備えている。

2017年
11月2日
全録レコーダ

FUNAI、6チューナ+3TB HDDの全録レコーダ「FBR-HX3000」

船井電機(FUNAI)は、ヤマダ電機独占販売のFUNAIブルーレイディスクレコーダの新ラインナップ「HXシリーズ」を11月3日より発売する。 6チューナを備えた全録レコーダで、HDD容量3TBの「FBR-HX3000」と、2TB HDDの「FBR-HX2000」を用意する。

2017年
11月2日
デジタルTV、全録

FUNAIの全録4K/HDRテレビ「6000」シリーズなどに65型追加

船井電機(FUNAI)は、ヤマダ電機グループで独占販売中のFUNAI 4K対応テレビ「6000シリーズ」と「4100シリーズ」に65型を追加し、 11月3日より発売する。NetflixやYouTube、dTV、U-NEXT、クランクインビデオ、TSUTAYA TVに対応。 アクトビラ4KやひかりTV 4Kにもアップデートで対応予定。スマートフォンアプリ「FUNAI Connect」により、スマホをリモコンとして利用できる。

2017年
11月2日
スマートホームデバイス

アマゾンエコー、2017年は「2200万台」販売予測  昨年から倍増に

スマートスピーカーの普及に伴いアメリカでは今後、スマートホームデバイス市場の急拡大が予想されている。 フォレスターリサーチの推計では、稼働中のスマートホームデバイスの台数は、 2016年の2400万台から2022年には2億4400万台に増加するという。

2017年
11月1日
高速PLC、PLCアダプター

TP-LinkのPLCアダプター、Amazon.co.jpでタイムセール中

アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)は、電源コンセント直結タイプのTP-Link製PLCアダプター2台セット「TL-PA4010 KIT」のタイムセールを11月1日限定で実施している。

2017年
11月1日
スマートスピーカー、Google Home

Google Home、スマートホームデバイスの連携が加速

GoogleがGoogle Home、Google Home Mini、Google Home Maxに対応したスマートホームデバイス(IoTデバイス)の全てをヘルプページで公開した。

2017年
10月27日
スマートスピーカー、ソニー

ビデオ書き出し対応で全部入りになった「torne mobile」。nasne用アプリ決定版?

10月3日、SIEのHDDレコーダ/NAS「nasne」用の録画・視聴アプリ「torne mobile」がアップデートし、「ビデオ書き出し」機能が追加された。 今回は書き出し機能のレビューを中心に、今回のアップデートで「全部入り」となったtorne mobileを改めて評価。

2017年
10月26日
スマートスピーカー、ソニー

ソニーのスマートスピーカーはジェスチャ操作&高音質。2.5万円の「LF-S50G」

ソニーは、音にこだわったほか、時刻表示機能も備えたGoogleアシスタント内蔵のスマートスピーカー「LF-S50G」を12月9日より発売する。 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。

2017年
10月26日
スマートボックス、Android TV

安い/古いTVも超強力Android TVに変身! 約14,800円の4K/HDR対応ピクセラ「Smart Box」

OSにAndroid TVを採用し、各種アプリの追加に対応。そして直販14,800円(税込)とお手頃ながら、 4K/HDR映像にも対応しているという注目の製品だ。今回は、メーカーからお借りしたSmart Boxを筆者宅の4Kテレビに接続し、 その使用感を検証した。

2017年
10月26日
スマートスピーカー、Invoke

Harman Kardon、マイクロソフト「Cortana」搭載のスマートスピーカー「Invoke」を米国で販売開始

Harman Kardonは、マイクロソフトの音声アシスタント「Cortana」を搭載したスマートスピーカー「Invoke」の販売を米国で開始した。 パールシルバー(白)とグラファイト(黒)の2色のオプションがあり、小売価格は119.95ドルだ。

2017年
10月26日
スマートホームシステム

東急セキュリティとイッツコム、IoTを活用したホームセキュリティサービス「東急スマートセキュリティ」を開始

IoTを活用したホームセキュリティサービス「東急スマートセキュリティ」を、 東急線沿線を中心としたサービスエリアで本年11月より開始すると発表した。

2017年
10月26日
スマートロック、スマートホームデバイス

Amazon配達員が解錠できるスマートロック「Amazon Key」発売

Amazonは25日(米国時間)、自宅などのドアに取り付けることで不在時でも配達員が解錠し、 自宅内に荷物を配達できるスマートロック「Amazon Key」を発表した。プライム会員向けのこのサービスは、 米国内の37都市から順次拡大予定で、ロック本体とリモートカメラを合わせたキットの価格は249.9ドル(約2万8千円)。

2017年
10月25日
スマートボックス、Fire TV

8,980円でHDR/4K対応。小さくなった新「Fire TV」でテレビを進化

Amazonの「Fire TV」が一新し、25日から出荷開始した。Amazonプライム・ビデオを始め、NetflixやHulu、 DAZNなどの映像配信サービスをテレビの大画面で視聴できるメディアプレーヤーで、価格は8,980円(税込)。

2017年
10月24日
スマートスピーカー、Clova WAVE

LINEの「Clova WAVE」がradiko対応。「ラジオをかけて」で再生。アプリで音楽操作も

LINEは24日、AIアシスタントを搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」でradiko.jpに対応した。 これにより、Clova WAVEでラジオのリアルタイムストリーミング放送が聴けるようになった。

2017年
10月24日
全録、デジタルTV

FUNAIの全録テレビ「6000シリーズ」がスカパー! チューナからの録画に対応

ヤマダ電機が独占販売するFUNAIブランドの全録液晶テレビ「6000シリーズ」が24日からファームウェアアップデートし、 スカパー! プレミアムサービスチューナからの録画に対応する。

2017年
10月23日
スマートスピーカー、Google Home

radikoがGoogleアシスタント対応。Google Home/Home Miniでラジオ

Googleは23日、音声アシスタントの「Googleアシスタント」がradikoに対応したと発表した。 これにより、スマートスピーカーの「Google Home」や「Google Home Mini」でラジオ番組をストリーミングできるようになった。

2017年
10月20日
スマートスピーカー、Google Home

Google Homeスピーカーの素晴らしい音楽連携と“ねえ、グーグル”が広げる可能性

10月4日のGoogleの発表会では、参加者にGoogole HomeとChromecastなどをモニター配布し、 「Googleも実際に体験してほしい」とアピールした。今回は配布されたGoole Homeを用いて、音楽関連機能を中心にテストした。

2017年
10月18日
Windows、Mixed Reality、複合現実

ハイスペックPC以外でも使える「Windows MR」。フォト/ビデオなどWindows 10強化

マイクロソフトは、Windows 10の大型アップデート「Fall Creators Update(FCU)」を10月17日より提供開始した。 Windows Mixed Reality(複合現実)に正式対応したほか、写真/動画に3D効果を簡単に加えるなど、コンテンツ作りに使える機能を採用。 ゲーム、セキュリティ、アクセシビリティにも機能強化を行なった。

2017年
10月18日
スマートフォン、映像配信サービス

ドコモ、スマホでもTVでも映像配信充実。'18年AIエージェント本格開始

NTTドコモは18日、スマートフォン/タブレットなどの2017〜18年冬春モデルや新サービスを発表した。 サービス面では、既報の通り、2018年にスタートする新しい映像配信サービス「dTVチャンネル」と「ひかりTV for docomo」を発表。

2017年
10月18日
スマートホームシステム

「自作スマートホーム」はアイデア勝負! 身近な材料で「防犯システム」や「空きトイレ表示」をDIYしてみた

今回は、もっとデバイスやセンサーを増やし、あるいはちょっとした改造を加えて、より本格的、 かつオリジナリティある「スマートホーム」を作ってみた。

2017年
10月17日
コミュニケーションロボット

声と顔認識でLINEや見守りするロボット「Xperia Hello!」。電車遅延通知、会社受付も

ソニーモバイルコミュニケーションズは、日々の暮らしをアシストするというコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」(G1209)を11月18日に発売する。 価格はオープンプライスで、ソニーストア価格は149,880円。家電量販店でも販売される。

2017年
10月17日
Windows、Mixed Reality

Windows MR対応「Dell Visor」は約5.3万円で12月9日発売。先行予約も

デルは、MicrosoftのWindows Mixed Realityプラットフォームに対応するヘッドマウントディスプレイと専用コントローラーのセット「Dell Visor with Controllers」(VRP100)を12月9日より発売。 先行予約受付を10月17日から開始した。

2017年
10月17日
無線LAN、Wi-Fi

Wi-Fi数珠つなぎで遠くの部屋まで接続、ネットギアが「Orbi」の増設中継機を発売&デイジーチェーン対応の新ファームウェア

ネットギアジャパン合同会社は、トライバンド対応の無線LANルーター「Orbi」の増設サテライト(中継機)「RBS50-100JPS」を10月31日に発売する。 ルーターとサテライト間を5GHz帯の1733Mbpsで接続し、受信先の各デバイスには子機用のバンドを2つ独立して設ける「スター型接続」に対応。 機器が増えても速度低下を防ぐことができる。

2017年
10月16日
全録、ガラポン

シンプル全録「ガラポンTV 六号機」はレンタル特化。2ch実況対応

ガラポンは16日、ワンセグテレビ全録機「ガラポンTV」の新モデルとして、シンプル・簡単を目指したという「ガラポンTV 六号機」を発表。 六号機は購入代金を負担せずに利用できる、月額1,250円のレンタルサービス「ガラポンTVプレミアムプラス」で展開し、同日から受け付けを開始、19日から順次発送する。 本体の売り切り販売は行なわない。

2017年
10月13日
スマートホームデバイス

マウス、スマートホーム用の「PM2.5センサー」「空気清浄機」発売、ドアセンサーやスマートプラグも単品発売

8月に発表した家庭向けIoT機器「mouse スマートホーム」のラインアップに、 後日発売としていたPM2.5センサー「PS01」と空気清浄機「AP01」を追加した。 合わせて、すでに「スターターキット」として販売している各製品の単品販売も開始した。

2017年
10月10日
サウンドバー、Googleアシスタント

ソニー初のAtmos/DTS:XとHDRパススルー対応サウンドバー。Googleアシスタント連携、声で操作も

ソニーは、テレビ向けサウンドバーのフラッグシップモデルとして、立体音響のDolby AtmosやDTS:Xのほか、 HDR映像のパススルーにも対応した「HT-ST5000」を11月18日に発売する。 LAN端子と無線LANを搭載し、ネットワーク機能として、Choromecast built-inや、Spotifyに対応する。 Googleアシスタントにも対応予定で、スマートスピーカー「Google Home」などを使った音声操作に連携して動作。

2017年
10月6日
スマートスピーカー、Clova WAVE

スマートスピーカー日本代表? LINE「Clova WAVE」にみる音声操作の可能性(と違和感)

Clova内蔵のスマートスピーカー「Clova WAVE」を8月に先行販売、10月5日から一般販売を開始した。 ちょうど1カ月ほど先行体験版を利用していたので、その使用感を紹介。

2017年
10月6日
スマートスピーカー、Clova WAVE

SpotifyがGoogle Homeに対応。「OK,Google Spotifyで音楽をかけて」

音楽配信サービスのSpotifyは6日、日本国内で同日より発売開始されたGoogleのスマートスピーカー「Google Home」に対応した。 「OK Google,Spotifyで音楽をかけて」と話しかけるだけで、Spotifyの楽曲を再生できる。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

日本上陸「Google Home」、記者が一足先に使ってみた(動画あり)

Google Japanは、音声アシスタント「Google Assistant」に対応するスマートスピーカー「Google Home」を10月6日に発売する。 マイクとスピーカーを備え、Wi-Fiでネット接続する据え置き型の端末だ。一足先に記者が使ってみた。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

グーグルのスマートスピーカー「Google Home」「Google Home Mini」日本発売

グーグルは、スマートスピーカー「Google Home」「Google Home Mini」を日本で発売する。auでも扱われることが案内されている。 「Google Home」は10月6日から1万4000円(税抜、以下同)で、「Google Home Mini」は10月23日から6000円で販売される。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

「OK Google」で操作するGoogle Homeスピーカー日本発売。Home Miniは6,000円

Googleは5日、音声で操作できるスマートスピーカー「Google Home」と小型の「Google Home Mini」の日本発売を発表した。 Google Homeは6日10時から発売し、価格は14,000円。Google Home Miniは6日より予約開始し、23日より発売。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

「Google Home」、最初に利用できるサービスまとめ

グーグルからスマートスピーカー「Google Home」「Google Home Mini」が発売される。 どちらも「OK、Google」と話しかけて操作できるようになっている。利用できるのは検索やGoogle Play Music、 YouTubeなどグーグルのサービスだけではなく、グーグル以外の企業が提供するサービスも含まれる。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」発売。radikoやLINE読み上げ対応

LINEは、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」を10月5日15時より発売開始する。 従来は「WAVE」という名称だったが、正式版の製品名は「Clova WAVE」となった。 価格は14,000円(税込)で、12カ月のLINE MUSIC利用権がついたキャンペーン版も12,800円(同)で販売する。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

JBLブランド初、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「LINK 10/20」

ハーマンインターナショナルは、JBLブランド初のGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー「LINK 10」と「LINK 20」を2017年に発売する。 価格はオープンプライスで、直販サイトでの予定価格は「LINK 10」が15,000円前後、「LINK 20」が20,000円前後。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

20倍パワフルでAI最適サウンドの「Google Home Max」スマートスピーカー。399ドル

Googleは4日(米国時間)、音にこだわったスマートスピーカー「Google Home Max」を発表した。 米国で12月に発売し、価格は399ドル。YouTube Musicの12カ月無料利用権が付属する。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

Google Home今週日本発売。49ドルの小型スマートスピーカー「Google Home Mini」も

Googleは4日(米国時間)、音声で操作できるスマートスピーカー「Google Home」を今週末に日本で発売。 また小型モデルの「Google Home Mini」も発表、10月19日より米国で発売し、価格は49ドル。日本での発売も予定しているという。

2017年
10月5日
ソフト、nasne、NAS

RECBOXがソニー「PC TV Plus」に対応、録画番組視聴やダビング可能

アイ・オー・データ機器は、テレビ録画用NAS「RECBOX」7シリーズがソニーのテレビ視聴アプリ「PC TV Plus」に対応したと発表した。 PC TV Plusは、nasneなどで受信した地上/BS/110度CSデジタル放送を同一LAN内にあるパソコンで視聴したり、 録画した番組の検索/再生が可能な有料ソフト。

2017年
10月5日
スマートスピーカー

「Google Home」で操作できる家電は?

Google Japanが人工知能(AI)を活用したスマートスピーカー「Google Home」を10月6日に発売する。 その発表に合わせ、複数の家電メーカーが自社製品の対応を表明した。

2017年
10月5日
スマート家電、Hue、スマートホーム

フィリップス、スマホで操作できるLED照明「Hue」がGoogle Homeに対応

スマートフォンやタブレットなどで操作できる同社のスマートLED照明「Philips Hue」がGoogleアシスタントの日本語に対応することを発表した。 これにより、Google Homeに話しかけることで、Hueの操作が可能となる。

2017年
10月5日
スマート家電、ルンバ、スマートホーム

アイロボット、お掃除ロボットルンバWi-Fi対応機種がGoogle Homeに対応予定

アイロボットジャパンは、同社のロボット掃除機「ルンバ」のWi-Fi対応機種が、Googleアシスタントを搭載したGoogle Homeに対応することを発表した。 Google Homeに話しかけるだけでルンバの操作が可能となる。

2017年
10月3日
PS4

PS4 Ver.5.00提供開始。PS VRでバーチャルサラウンド対応

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は3日、PlayStation 4(PS4)の最新システムソフトウェアVer.5.00を提供開始する(時間未定)。

2017年
10月3日
アプリ、nasne

torne mobileアプリがビデオ書き出し対応。nasneからスマホへダビング可能に

ネットワークレコーダのnasneと連携するスマートフォンアプリ「torne mobile」をアップデート。新たにビデオ書き出し機能に対応した。 アプリ内で同機能を購入することにより利用可能となり、価格は840円(税込)。

2017年
10月3日
ポータブルHDD

エレコム、ビデオカメラの4K動画をPCレスで保存できる耐衝撃ポータブルHDD

ソニーやパナソニック、JVCのビデオカメラからPCレスで撮影動画をバックアップできる耐衝撃ポータブルHDD「ELP-EDVUBKシリーズ」を10月下旬より発売する。 店頭予想価格は容量500GBの「ELP-EDV005UBK」が9,980円前後、1TBの「ELP-EDV010UBK」が11,980円前後、 2TBの「ELP-EDV020UBK」が15,980円前後。

2017年
10月3日
無線LAN、WiFi

ビームフォーミング、3ストリーム11ac対応のWi-Fiルーター、NECプラットフォームズ「Aterm WG1800HP3」

IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応無線LANルーター「Aterm WG1800HP3」を10月12日に発売する。店頭予想価格は1万1000円前後(税別)。 3ストリームのIEEE 802.11acに対応し、最大通信速度は5GHz帯接続時で1300Mbps、2.4Ghz接続時は450Mbps。 WG1800HP2の後継にあたる。

2017年
10月2日
PlayStation VR

新型PlayStation VRが10月14日発売。HDRパススルー対応、ケーブル一体化など使い勝手向上

PlayStation VRの新モデル「CUH-ZVR2」を、10月14日に発売する。PlayStation Cameraとセットで、価格は44,980円。

2017年
10月2日
スマートスピーカー

Amazon Alexaが年内に日本上陸、スマートスピーカー「Echo」も発売

Amazon.co.jpは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と、その対応製品「Amazon Echo」を年内に日本で展開すると発表した。 事前に購入を希望すると、招待制でEchoを購入できるようにする予定。

2017年
10月2日
スマートスピーカー

東芝、AlexaでIoT連携のスマートスピーカーを披露。日本展開は検討中

東芝映像ソリューションは、音声対話で様々な機器と連携するホームゲートウェイ/スマートスピーカー「TH-GW10」をCEATEC JAPAN会場で紹介している。 ホームセキュリティやホームオートメーション、情報・コンテンツサービスなどのホームIoT関連サービスに対応する製品で、 高性能マイクとBluetoothスピーカーによる音声対話により、機器の操作が行なえる。

2017年
10月2日
スマートホーム

2万円台で「自作スマートホーム」を実現可能、5つの機器がセットの「mouse スマートホーム」を試してみた

5つのセンサー/コントローラがセットで24,800円。 スターターキットに同梱されているのは、ルームハブ/動きセンサー/スマートプラグ/LEDライト/ドアセンサーの5点。

2017年
10月2日
無線LAN、WiFi

実売2千円台のWi-Fiルーターで幸せになれるのか? 大型アンテナ搭載で11n/g/b対応、TP-Link「TL-WR940N」を試す

9月30日時点での実売価格が2679円(税込)という低価格の無線LANルーターだ。対応規格はIEEE802.11n/g/bで、 2.4GHz帯のみの対応だが、搭載するアンテナは超大型で、とにかく安く無線LANルーターを手に入れたいという場合の選択肢となり得る。

2017年
9月30日
スマートホーム

マウスコンピューター「スマートホーム スターターキット [SK01]」

マウスコンピューターは8月22日、家庭内でのIoT機器連携を実現する「ルームハブ」を含めた各種専用機器、「mouse スマートホーム」を発表した。 現時点で6種類ある専用機器の中、ルームハブ+4専用機器がセットになった「スターターキット」が送られて来たので、 試用レポートをお届けしたい。

2017年
9月29日
スマートスピーカー、WAVE

成長が楽しみ! LINEのスマートスピーカー「WAVE」

LINEが発売する「WAVE」の先行体験版を購入した後の使用状況を述べている。

2017年
9月29日
ネットワークカメラ

電球ソケットに取り付けるダウンライト型防犯カメラ「Kalay Home」、スマホから会話も可能

株式会社アユートは、屋内用ダウンライト型ネットワーク防犯カメラ「Kalay Home」を10月に発売すると発表した。 想定売価は1万5980円(税込)。IEEE 802.11n/g/b(2.4GHz帯)無線LAN対応。 動体検知センサーや録画機能などを搭載しており、屋内用ダウンライトとして使用可能なLED照明も装備する。

2017年
9月29日
ネットワークカメラ

米アマゾン、Amazon Echoに「Echo Plus」「Echo Spot」「Echo Button」の新デバイスを投入

アマゾンは9月27日、Echo(エコー)の商品種類を増やし、6つの新しいあるいは更新されたデバイスを紹介した。 10月31日から発売されるEchoの第二世代デバイスでは、6つのスタイルから選択可能になる。ユーザー好みや部屋デザインにフィットするデバイスを選択できるのだ。

2017年
9月28日
デジタルTV

シャープAIoTテレビは家族の好みを学び、あなたを感じる「AQUOS 4K UH5」。Android TV

シャープは、AI(人工知能)による嗜好学習機能や、Android TVを搭載した4Kテレビ「AQUOS 4K」5機種を11月11日より発売する。 シャープの国内向けテレビとしては初めてAndroid TVを搭載し、映像配信サービス強化や、 Google Playからのアプリダウンロードによる機能追加に対応。

2017年
9月28日
Fire TV

Amazon、HDR/4K対応で小型化した8,980円の新Fire TV

Amazon.co.jpは28日、4K Ultra HDに加え、HDR(ハイダイナミックレンジ)映像に対応し、 デザインもよりコンパクトになったメディアストリーミング端末「Fire TV」新モデルを発売した。 10月25日から出荷予定で、価格は8,980円(税込)。従来のFire TVに比べて小型化され、HDRに対応。

2017年
9月27日
スマートスピーカー、WAVE

LINEのAI「Clova」にニュース機能

LINEは、クラウドAIプラットフォーム「Clova」にニュース機能を追加した。 先行体験版として提供されているスマートスピーカー「WAVE」で最新のニュースやジャンルごとのトップニュースの要約を音声で読み上げてくれる。

2017年
9月26日
macOS

Apple、新macOS「High Sierra」提供開始。4K HEVCやVR対応、Siriが楽曲提案

アップルは26日、macOSを最新版の「High Sierra」(バージョン:10.13)にアップデートし、Mac App Storeで無償提供を開始した。 2009年以降に発売されたMac全モデルをサポートする。 音声アシスタント「Siri」は、より自然な声で応答可能に。

2017年
9月26日
IoT

IoTって一体なに? 言葉は普及するも導入は始まったばかり〜IoTの現状とこれから

IoTに関する記事。「IoTとは何か、を考える本連載が始まって約1年が経ちました。 今回はこれまでの連載を振り返りながら、IoTの現状とこれからを考えてみたいと思います。」

2017年
9月26日
スマートコンセント

クラウドから操れる電源コンセント「スマソケ」、Ping実行でネットワーク死活監視も可能

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、遠隔地から接続機器の電源のオン/オフを制御できるスマートソケット「スマソケ(MZK-EX300NM)」を発売した。 価格は1年間のサービス利用料を含めて1万3500円(税別)。2年目以降は月額500円(税別)がかかる。

2017年
9月26日
スマートホーム

ユカイ工学と東芝映像ソリューション、“心づかい”ができる音声対話ロボットを開発

ユカイ工学株式会社は、「心づかい機能」を持つ音声認識ソリューション「A/UN (アウン)」を活用した音声認識ロボットの受託・開発を開始した。 「A/UN (アウン)」の特長は「心づかい機能」、「割り込み指示機能」。「A/UN (アウン)」のデモンストレーションサンプルとして、 音声ユーザーインターフェースロボット「こだま」をCEATEC JAPAN2017で展示する予定。

2017年
9月25日
スマートスピーカー

東芝、Alexa搭載のスマートスピーカーを北米に投入 日本は「来年発表」

東芝映像ソリューションは9月25日、米Amazon.comの音声認識AIアシスタント「Alexa」を搭載し、 ホームセキュリティ機能も備えるスマートスピーカー「TH-GW10」を、12月に北米で発売すると発表した。価格は200〜300ドル。

2017年
9月22日
スマートスピーカー、展示会

こんなにあった世界のスマートスピーカー。今後登場の新機種をIFA会場でチェックした

ドイツ・ベルリンで9月1日〜9月6日(現地時間)に開催された家電の国際展示会「IFA 2017」の会場でも多くのモデルが登場し、 存在感を示していた。

2017年
9月21日
Apple TV

4K+HDRに進化した「Apple TV 4K」でテレビが便利に。課題はコンテンツ数

Apple TVが2年ぶりにリニューアルし、「Apple TV 4K」になった。その製品レビューをお届けする。 2年前は4Kがようやく立ち上がりはじめた頃だったが、現在の主力商品は4K+HDRになっている。

2017年
9月21日
無線LAN、Wi-Fiルーター

TP-Link、3090円の11ac対応Wi-Fiルーター「Archer C20」、アンテナを2本→3本にリニューアル

ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)は、IEEE 802.11ac/a/n/g/b対応無線LANルーターの既存モデル「Archer C20」をリニューアルし、 2017年モデルとして9月30日に発売する。価格は3090円(税別)。

2017年
9月20日
Xbox One、ゲーム機

「Xbox One X」が11月7日日本発売。UHD BD搭載で49,980円

日本マイクロソフトは、Xbox Oneの性能を向上させた上位機種「Xbox One X」を11月7日より発売する。 Xbox OneおよびXbox One Sと互換性を確保しながら、大幅にパフォーマンスを向上したXbox Oneシリーズ最上位機種。

2017年
9月20日
セットトップボックス、Android TV

TVをスマート化できる4K/HDR対応Android TV、ピクセラ「Smart Box」。約14,800円

テレビに接続して動画配信などが楽しめる「Smart Box(KSTB5043)」を10月6日に発売する。 スマホで閲覧しているコンテンツや画面を、Smart Boxへとキャストし、テレビに表示できる。

2017年
9月20日
4Kメディアプレーヤー、Android TV

アイ・オー、Android TV搭載4Kメディアプレーヤー。USB/microSD動画を簡単再生

Android TV搭載の4Kメディアプレーヤー「AV-ATB100」を10月上旬に発売する。店頭予想価格は32,800円前後。 テレビなどにHDMIで接続。再生アプリ「HomeMedia」がプリインストールされ、付属のシンプルなリモコンで操作可能。 同アプリはNASなどのネットワーク上にあるコンテンツの再生には対応しない。 他のAndroid TV対応アプリもインストール可能だが、サポート外となる。

2017年
9月20日
スマートスピーカー、WAVE

LINEのスマートスピーカー「WAVE」が音声でのテレビ操作に対応

LINEのスマートスピーカー「WAVE」で採用しているクラウドAIプラットフォーム「Clova」が、20日から音声リモコン機能に対応した。 これにより、WAVEと連携した機器を音声を使って操作可能になる。

2017年
9月20日
キャプチャユニット

アイ・オー、iPhoneのゲーム画面も録画できる、USB 3.0のHDMIキャプチャユニット

USB 3.0でPCと接続し、1080/60pでのキャプチャが可能な「GV-USB3/HD」を9月末に発売する。 iPhoneやiPadのゲーム画面も録画できるのが特徴で、価格は22,800円。

2017年
9月20日
スマートホーム

住宅建材のスペシャリスト、LIXILはスマートホームにどう取り組むのか?

政府の打ち出した超スマート社会コンセプト「Society 5.0」にフォーカス、スマートハウスの開発やそれを支えるセンサー、 IoT化の技術開発を「U2-Home II(ユースクウェアホームII)」という実験用の住宅で行っているという。

2017年
9月15日
スマート家電

ここまで進んでいた欧州のスマート家電、日本企業はどうする? (1/3)

今年も9月6日まで、ベルリンで世界最大級のエレクトロニクスショー「IFA 2017」が開催された。 今回は主にスマート家電、IoTデバイスの出展を振り返りながら、 本連載のテーマであるスマート家電がこれから向かう先について考えてみたい。

2017年
9月14日
スマートホーム、IoT

かぎりなくオープンな規格でホームIoTを推進。東急電鉄やパナソニックらが実現に向け活動を本格化

東京急行電鉄(東急)やパナソニック、美和ロックなどが参加し、 日本品質の新たな「暮らしのIoT」サービスを実現する「コネクティッドホームアライアンス」への参加企業が77社になり、 これに伴い、活動を本格化させる。

2017年
9月13日
Apple TV

4K HDR出力に対応した「Apple TV 4K」。HDR10/Dolby Vision対応で19,800円〜

アップルは13日、HDRや4K映像出力に対応した新Apple TV「Apple TV 4K」を発表した。 9月15日より発売し、9月22日から出荷開始する。

2017年
9月13日
ネットワークカメラ

ネットギアが「ペット見守り100%ワイヤレスカメラ」発売、防塵防滴でバッテリー駆動

留守中のペットの様子をスマートフォンから見られるネットワークカメラ「『Arlo Pro』ペット見守り100%ワイヤレスカメラ」(VMS4130-100JPS)を、 ネットギアジャパン合同会社が10月12日に発売する。想定市場価格は3万2800円(税込)。

2017年
9月11日
ネットワークカメラ

ペットの可愛い瞬間も逃さないネットワークカメラ「eCamera」、9980円でリンクジャパンが販売

eCameraで撮影した動画は、本体のカードスロットに装着したmicroSDカード(最大32GB)へ記録できるほか、 無料のAndroid/iOSアプリで確認・保存可能。距離6m、110度の範囲で反応する動体検知機能を搭載。

2017年
9月11日
スマートスピーカー、展示会

スマートスピーカー旋風、テレビのHDRが進化? 「IFA 2017」で見たトレンド

国際コンシューマエレクトロニクス展示会「IFA 2017」が、 ドイツ・ベルリンの国際見本市会場において9月1日〜9月6日(現地時間)に開催された。 様々なトピックがあった中から、スマートスピーカーや、テレビ、ワイヤレスヘッドフォンなど、今年注目されたポイントを振り返る。

2017年
9月8日
デジタルTV

一番“欲しい”有機ELテレビはこれ!! ソニーBRAVIA「KJ-55A1」

日本勢有機ELテレビの御三家となる東芝「REGZA X910」、パナソニック「VIERA EZ950/EZ1000」、ソニー「BRAVIA A1」の全てが発売され、 今期の4Kテレビの憧れ対象は液晶から有機ELになった。今回は、ソニーのBRAVIA A1シリーズを取り上げる。

2017年
9月6日
USBハブ、録画用HDD

バッファロー、テレビ背面に固定できる4ポートUSBハブ。録画用HDDを接続

バッファローは、テレビの背面に取り付けできる4ポートUSB 3.0ハブ「BSH4A110U3VBK」を9月下旬より発売する。 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,980円。

2017年
9月6日
Miracast、Windows 8/7

Miracast非対応のWindows 8/7で画面をワイヤレス出力できるUSBアダプター「ScreenBeam Transmitter 2」

2.4GHz帯と5GHz帯を利用する独自の通信プロトコルで「ScreenBeamアダプター」との通信を行う。 専用アプリをインストールしたPCの画面をワイヤレス転送できるデバイス。9月30日に発売する。メーカー参考価格は4980円(税別)。 Windows 10/8.1の環境では、OSに標準搭載されている「Miracast」の機能を用いて画面をワイヤレス出力できるが、 これが搭載されていないWindows 8/7向けに提供する製品。

2017年
9月6日
Chromecast、Wi-Fiスピーカー

Chromecast内蔵の高音質Wi-Fiスピーカー、JBLから登場

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドで「Chromecast built-in」搭載のワイヤレススピーカー「JBL PLAYLIST」を9月15日に発売する。 価格はオープン価格で、直販サイトでの価格は1万8880円(税抜)。 スマートフォンとの接続は「Google Home」アプリを使用して簡単に行える。

2017年
9月5日
IoT、セキュリティ

総務省、IoT機器の脆弱性を探索、所有者への注意喚起も

総務省は5日、一般社団法人ICT-ISAC、国立大学法人横浜国立大学などと連携し、IoT機器の実態調査を行い、 脆弱なIoT機器を特定した場合には、所有者に対して注意喚起を行うことを発表した。

2017年
9月4日
ネットワークカメラ

カンタン&セキュアなクラウド監視カメラ「Safie」 監視までに費やす時間と労力をその先のソリューションに

Safieのサービスは、監視カメラ本体の費用とクラウドサービスの利用料という2本立てで構成されている。 クラウドサービスは、カメラの管理やライブ映像の視聴、録画映像の切り出しなどができるサービスとなっている。

2017年
9月4日
スマートホーム、LG

LGのスマートホームにみる、「プライベート」と「オープン」の両立 ーIFA2017レポート@

LGのスマートホームは少しずつだが着実に対応端末が増え、それぞれの機器もインテリジェントになり出している。 ロボットタイプのハブを中心に、様々なスマートデバイスが操作される。

2017年
9月1日
ソニー、展示会、スマートスピーカー

ソニーが超コンパクトカメラ「RX0」やBluetooth/NCの「1000X」、スマートスピーカー披露

ソニーは、「IFA 2017」のプレスカンファレンスにおいて、Xperiaの新機種「Xperia XZ1」や、ウォークマン「NW-ZX300」、 Googleアシスタント対応スマートスピーカー「LF-S50G」などを発表した。

2017年
9月1日
スマートスピーカー

これだけ違うスマートスピーカー。Amazon、Google、LINE、Apple、MSの特徴とは?

これから話題になるであろうスマートスピーカーを、企業・プラットフォーム毎にまとめてみたい。 どんな風に市場が構成されていて、どこに注目の製品があるのかを大づかみするお役に立てば幸いだ。

2017年
9月1日
スマートスピーカー

Ankerがスマートスピーカー参入へ。Alexa対応完全無線イヤフォンなどZOLOブランド

Ankerブランドや、生活家電などのeufyを含む事業戦略説明会を開催。このなかで、新たにスマートオーディオブランド「ZOLO」の立ち上げを発表し、 AmazonのAlexa対応スマートスピーカーや左右分離型イヤフォンなどを披露した。

2017年
9月1日
スマートスピーカー

オンキヨーとパイオニアのDTS Play-Fi製品がAlexaから利用可能に

オンキヨーは1日、DTS Play-Fiに対応したオンキヨーおよびパイオニアブランドのAVアンプやサウンドバーなどで、 Amazonの音声アシスタントAlexa用Connected Speaker APIをサポートしていくと発表。

2017年
9月1日
スマートスピーカー

声で操作する、ソニー初のGoogleアシスタント搭載スピーカー。BRAVIAも制御

ソニーは31日、ドイツのベルリンで開幕される「IFA 2017」において、同社初のGoogleアシスタント搭載ワイヤレススピーカー「LF-S50G」を発表した。 11月に英国、ドイツ、フランスで約230ユーロ/200ユーロで発売予定。米国での発売も予定している。

2017年
9月1日
無線LAN

AUKEY、999円で11ac対応のUSB Wi-Fiアダプター販売、子機にも親機にもなる1台2役

AUKEYは、IEEE 802.11ac/n/a/g/bに対応するUSB 3.0接続の無線LANアダプター「WF-R6」をAmazon.co.jpにおいて65%オフで販売する。 9月7日23時59分までの1週間限定。WF-R6は、デュアルバンドに対応しており、 最大通信速度は5GHz帯接続時867Mbps、2.4GHz帯接続時300Mbps。

2017年
9月1日
無線LAN、USBアダプター

USBメモリをWi-Fi経由で共有できるアダプター「PTW-SDISK1」、プリンストンが発売

PTW-SDISK1は、本体のUSB 2.0ポートに接続した64GBまでのUSBメモリや2TBまでのUSB外付けHDDを、 ワイヤレスでPCやスマートフォンから共有できるようにする製品。アクセスポイントや中継機としての利用も可能。 8GBのUSBメモリをバンドルした「PTW-SDISK1S」が3980円。

2017年
8月31日
パナソニック、展示会、スマートスピーカー

高音質スマートスピーカー、「HDR10+」推進、Technics新機種。IFAパナソニック会見

パナソニックは、ドイツ・ベルリンで9月1日〜9月6日(現地時間)に行なわれる「IFA 2017」のプレスカンファレンスを開催。 Googleアシスタント対応スマートスピーカーや、Technicsレコードプレーヤーのほか、新たなHDR方式「HDR 10+」の特徴などを紹介した。

2017年
8月31日
スマートスピーカー

パナソニック、世界初Googleアシスタント搭載Hi-Fiスマートスピーカー

パナソニックは30日、Googleアシスタントを内蔵したスマートスピーカー「SC-GA10」をIFA2017の事前プレスカンファレンスで発表した。

2017年
8月31日
スマートスピーカー

オンキヨーからスマートスピーカー3種。Alexa+DTS Play-Fi対応機と、Google Assistant機

オンキヨーグループは、Amazonのクラウド音声サービス「Alexa」と、DTS Play-Fi機能を搭載したAI対応スマートスピーカー「P3」(VC-PX30)を、 オンキヨーブランドから英国とドイツで、Eliteブランドから「F4」(VA-FW40)を米国で、それぞれ10月下旬に発売する。

2017年
8月31日
スマートスピーカー

LINEのスマートスピーカー「WAVE」ファーストインプレッション

LINEからスマートスピーカー「WAVE」の先行体験版が筆者宅にも届いた。同社が開発したAI「Clova(クローバ)」の実力やいかに。 今回はそのファーストインプレッションをお届けする。

2017年
8月30日
スマートスピーカー

“Alexa, Cortanaを開いて”。AmazonとMSの音声アシスタントが相互連携へ

スマートスピーカーなどの音声アシスタント機能に注目が集まる中、Amazonによる音声アシスタント「Alexa」と、 マイクロソフトの「Cortana」が相互に連携することとなった。両社は30日(米国時間)、AlexaとCortanaの連携で協力していくことを発表した。

2017年
8月29日
スマートリモコン

約10秒でエアコンをIoT化するスマートリモコン「Nature Remo」予約受付開始

本体は屋内に設置し、専用のAndroid/iOSアプリを用いてエアコン、テレビ、照明、 お掃除ロボットなど赤外線通信対応の家電をスマートフォンから操作する。自宅LANにはIEEE 802.11n/g/bの無線LANで接続。

2017年
8月29日
スマートコンセント

コンセント直挿し型のWi-SUN対応IoTゲートウェイ「Cube J1」、IIJが販売、家全体の電力使用量をリアルタイムで把握

コンセント直挿し型でWi-SUN通信対応のIoTゲートウェイ「Cube J1」を電力事業者やスマートハウス事業者向けに提供開始した。 個人向けにはビックカメラグループの一部店舗、オンラインストアにて9月7日より販売する。オープン価格で、市場想定価格は1万円台半ば。

2017年
8月28日
スマートホーム

いずれソニー製品と連携する? 電力会社が提供するIoTサービス「TEPCOスマートホーム」の勝算 (1/3)

東京電力エナジーパートナーは、IoT(Internet of Things)を活用したスマートホームのサービス「TEPCOスマートホーム」の提供を8月7日に開始した。 電力会社がスマートホームを提供する理由は何か。そしてどのような特徴があるのだろうか。

2017年
8月25日
スマートスピーカー

オーディオメーカーが作るスマートスピーカーは何が違う? AIへ積極展開するオンキヨーの狙い

オーディオメーカーとして創業70年を越えたオンキヨーは今、米国などを中心に盛り上がる「スマートスピーカー」に積極的だ。 オンキヨーがなぜこの分野に参入し、どんな製品、立ち位置を目指しているのだろうか?

2017年
8月25日
スマートスピーカー、電源

オンキヨー、スマートスピーカーなど小型オーディオ向けの低ノイズ電源を開発

一般的なスイッチング電源方式と比べて、可聴帯域内のノイズを約1/100に低減し、 オーディオアンプの性能を最大限引き出せるため、搭載機器の音質向上に大きく貢献できる。

2017年
8月24日
映像配信サービス

テレビ見逃し配信TVerが刷新、検索性など大幅強化。アプリ850万ダウンロード突破

在京民放5社が運営するキャッチアップ(見逃し配信)サービス「TVer(ティーバー)」は、 アプリとWebサイトのリニューアルを8月24日に実施した。

2017年
8月24日
セキュリティ、ホームネットワーク

BBソフト、月額990円で「ウイルスバスター for Home Network」提供、家庭内LAN用のセキュリティアプライアンス

家庭内に設置されているルーターに専用ハードウェア接続することで、そのLANに接続されている個々のデバイスにセキュリティソフトをインストールすることなく、 まとめて保護できるのが特徴。各端末のインターネット利用状況・保護状況は専用のAndroid/iOSアプリから確認できる。

2017年
8月22日
スマートホーム

家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは

最近では携帯電話会社などのキャリアが積極的な取り組みを見せ始めました。 今回は、家庭向けIoTの集大成とも言えるスマートホームについて、キャリアの取り組みを中心に紹介します。

2017年
8月22日
スマートホーム

マウス、スマートホーム事業に参入。IoT LEDライトやドアセンサーなど同梱のスターターキットを提供

株式会社マウスコンピューターは22日、家庭内でのIoT機器連携を実現する「mouse スマートホーム」を発表した。 基幹部分となる「ルームハブ」を介し、さまざまなデバイスとWi-Fi、Bluetooth、赤外線のいずれかで接続する。

2017年
8月21日
スマートスピーカー

ちょっと気の早い“スマートスピーカーの選び方” (1/2)

日本国内では今年後半から声で動かすスマートスピーカーが販売される見通し。 少し気が早いかもしれないが、上手なスマートスピーカー選びのポイントを確認しておこう。

2017年
8月18日
映像配信サービス

ポストスマホ時代のパートナーへ。LINE舛田氏に聞く、AIとスマートスピーカー

LINEは現在、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」と、対応のスマートスピーカー「WAVE」の開発を進めている。 WAVEの先行版については、23日から順次出荷開始される予定だ。

2017年
8月17日
スマートスピーカー

LINEのスマートスピーカー「WAVE」、先行版の発送が8月23日に延期「ソフトの一部に不具合」

LINEは17日、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」先行体験版のユーザーへの発送時期を、 8月23日に延期した。

2017年
8月14日
無線LAN

何だかちょっとかわいい無線LAN中継機 TP-Link「RE650」

ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)から、4ストリーム対応で最大1733Mbpsの通信が可能なIEEE 802.11ac準拠の無線LAN中継機「RE650」が発売された。 無線LAN通信を超高速に中継可能な、その実力を検証してみた。

2017年
8月10日
スマートスピーカー

オンキヨー、Amazon AlexaとDTS Play-Fi対応のスマートスピーカーを海外で10月末発売

オンキヨーグループは、Amazonの音声サービスAlexaに対応するほか、DTS Play-Fi機能も搭載した新スマートスピーカーを米国、英国、 ドイツで10月下旬に発売すると発表した。既に発表しているスマートスピーカー「VC-FLX1」に続く第2弾。

2017年
8月9日
スマートリモコン

外出先からエアコンの稼働状況が分かるスマート学習リモコン「eRemote pro」

スマートハウスデバイスの企画製造を手がけるリンクジャパンは、新しいリモート学習リモコン「eRemote pro」を発表した。 外出先から自宅のエアコン稼働状況を把握し、操作できるのが特徴。年内に発売する予定。

2017年
8月7日
スマートホーム

家のIoTにスピーカーやXperia Touch連携も。ソニー×東電が月3,280円のスマートホーム

ソニーモバイルコミュニケーションズと東京電力エナジーパートナーは7日、 スマートホーム分野でのIoTを活用した新サービス「おうちの安心プラン」を発表し、提供を開始した。 無線LANルーターにもなる「スマートホームハブ」やセンサー、スマートタグなどの機材を契約者に貸し出し、 外出中にスマートフォンから留守中の自宅の見守りなどができる。

2017年
8月4日
有線LAN

USB×3とギガビット有線LANを追加できるUSBアダプター「SilverStone SST-EP04」

株式会社ディラックは、3ポートのUSB 3.1ハブとギガビット有線LANを追加できる台湾SilverStone Technology製のUSBアダプター「SST-EP04」を発売する。 店頭想定価格は4280円(税別)。有線LANアダプターとしては最大9KBのジャンボフレームに対応する。

2017年
8月3日
無線LAN

宅内向けSIMフリーLTEルーター「novas Home+CA FREE」、シンセイコーポレーションが発売

microSIMスロットを装備し、MVNOを含むNTTドコモ回線のLTEによる通信に対応。回線工事不要で設置でき、SIMを用意すれば、 すぐにインターネットに接続できる。無線LANはIEEE 802.11ac/n/a/g/bに対応。

2017年
8月3日
スマート家電

ルンバ全機種がWi-Fi対応に。求めやすい価格の「ルンバ890」「ルンバ690」

ロボット掃除機「ルンバ」の低〜中価格帯モデルをリニューアルし、 Wi-Fi対応機能を搭載した2機種「ルンバ890」と「ルンバ690」を8月下旬に発売する。価格は順に、69,880円、49,880円(税抜)。

2017年
8月2日
デジタルTV

究極のお風呂テレビ!? 全録+防水のプライベート・ビエラ「UN-15TDX7」を試す

今年、プライベート・ビエラの新モデル「UN-15TDX7」が投入される。価格はオープンプライスで、実売は13万円前後。 レコーダ部には、普通の予約録画型ではなく、全録機となったのが新しいポイントだ。

2017年
8月2日
スマートリモコン

スマホで家電操作できる8,000円のWi-Fi学習リモコン。赤外線出力強化

ラトックシステムは、スマートフォンで家の中や外出先から家電製品の操作を可能にするスマート家電コントローラ「REX-WFIREX2」を8月10日より発売する。 価格は8,640円(税込)。

2017年
8月2日
スマートスピーカー

オンキヨー、Alexa対応スマートスピーカーを9月米国発売、IoTに高音質をプラス

オンキヨーグループは、Amazonの音声サービスAlexaに対応したスマートスピーカー「VC-FLX1」を米国で9月下旬より発売する。 価格は279.99ドル。「IoT市場に進出すると共に新たな音楽の楽しみ方の提案を開始する」としている。

2017年
8月1日
有線LAN

メタル筐体でファンレス、電源内蔵の8ポートスイッチングハブ「FXG-08IM5」、プラネックスが発売

ギガビット対応の8ポートスイッチングハブ「FXG-08IM5」を発売した。Amazon.co.jpでの販売価格は5500円(税込)。

2017年
7月31日
スマートホーム

無基本料月額490円のホームIoT「au HOME」本日開始、KDDIと沖縄セルラーが提供

au HOMEは、自宅に設置するセンサーやネットワークカメラのIoTデバイス「au HOMEデバイス」と、 スマートフォン向けの「au HOMEアプリ」を利用することで、外出先から自宅の鍵の開閉状況や、家族・ペットの状況などを確認できるもの。

2017年
7月27日
デジタルTV

無敵のHDR感と映像のキレ。映画が楽しいパナソニック有機ELテレビ「TH-55EZ950」

有機ELテレビが続々と登場する2017年夏。日本メーカーの有機ELテレビの「御三家」となったのが、東芝、パナソニック、ソニーの製品だ。 今回紹介するのはパナソニックの4K有機EL VIERA「TH-55EZ950」。実売価格は49万円前後。

2017年
7月24日
ネットワークカメラ

店内に置くだけポンの「Safie」たまご型監視カメラ、100台プレゼント、Wi-Fiでクラウドに録画&モバイルバッテリーでも稼働

クラウド録画方式の監視カメラサービス「Safie」を提供するセーフィー株式会社は24日、 無線LANネットワークカメラの新製品「QBIC CLOUD CC-2」を発売した。価格は1万9800円(税別)。 録画はクラウドに、PCやスマホからライブ映像&過去映像を視聴可能。

2017年
7月19日
NAS、DTCP-IP

アイ・オー、機能追加できるDTCP-IP対応NAS「HDL-AA」に4/6TBモデル

アドオンで機能追加できる1ドライブNAS「HDL-AA」シリーズに、大容量モデル2機種を追加し、7月末より発売する。 価格は、4TBの「HDL-AA4」が33,300円、6TB「HDL-AA6」が53,400円。

2017年
7月18日
無線LAN

宅内用のSIMロックフリーLTEルーター「Aterm HT100LN」、NECが8月に発売

同社のWi-Fiルーター「Atermシリーズ」初となる宅内用SIMロックフリーLTEルーターを商品化。 WAN側の回線にLTEを使用する方式のため、宅内の回線工事不要でインターネットの利用を開始できる。 LAN側は、無線LANが1ストリームのIEEE 802.11acおよびIEEE 802.11n/a/g/bに対応。

2017年
7月14日
スマートスピーカー

LINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行版を1万円で発売。音楽を軸に体験

LINEは14日、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」先行体験版の予約販売を開始した。 価格は1万円(税込)で、7月下旬より順次発送予定。なお、正式版は近秋発売し、価格は15,000円(税込)となる。

2017年
7月12日
USB HDD、テレビ録画

アイ・オー、24時間連続録画できるTV用USB HDD。DIGA同等のカスタム品採用

テレビ録画に特化した設計のUSB 3.0対応外付けHDD「AVHD-AUTBシリーズ」を7月下旬より発売する。 容量別で1/2/3/4TBの4モデルを用意し、価格は14,300〜27,700円。 パナソニックの「DIGA」や「VIERA」との組み合わせの推奨を取得したHDDになっている。

2017年
7月12日
HDMI、メディアプレーヤー

スマホの4K動画をテレビに表示。Wi-Fi搭載HDMIスティック「EZCast 4K」

エー・リンクは、スマートフォンなどの映像と音声を、 テレビ画面で楽しめる4K対応のHDMIスティック型メディアプレーヤー「EZCast 4K(イージーキャスト4K)」を7月18日より発売する。 価格は13,800円。

2017年
7月12日
無線LAN、シングルボードコンピュータ

無線LAN搭載の「Raspberry Pi Zero W」が18日より国内発売。1,296円

株式会社ケイエスワイは、シングルボードコンピュータ(SBC)「Raspberry Pi Zero W」を、18日より国内発売する。 Raspberry Pi Zero Wは、SBCの「Raspberry Pi Zero」に無線ネットワーク接続機能を追加したモデル。

2017年
7月11日
スイッチ、PoE

エレコム、全ポートGbE対応のPoEスイッチ2製品 ファンレス仕様でも動作環境温度50℃を実現

エレコム株式会社は11日、PoE+給電機能を備えたレイヤ2のGigabit Ethernet(GbE)スイッチ2製品を発表した。 8ポートモデル「EHB-UG2B08-PL2」を7月中旬に、5ポートモデル「EHB-UG2B05-PL」を8月上旬に発売する。 価格(税別)はそれぞれ、1万9800円、1万7800円。

2017年
7月10日
無線LAN、WiFi

家で電波が届かない?じゃあメッシュを試してみれば? 3台の端末で通信エリアをカバーするTP-Link「Deco M5」

TP-Linkから登場した「Deco M5」は、複数の機器(標準では3台)をメッシュ状に組み合わせることで、 Wi-Fiの通信エリアを拡大する製品だ。その実力を検証してみた。

2017年
7月10日
無線LAN、WiFi中継器

アンテナ4本で接続範囲1300u、コンセント直結型の11ac対応無線LAN中継器、TP-Link「RE650」

ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)は、IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LAN中継器「RE650」を7月20日に発売する。 価格は1万3640円(税込)。

2017年
7月6日
DTCP-IP、アプリ

DTCP-IPプレーヤーアプリ「DiXiM Play Android版」が買切り対応。1,300円

デジオンは、Androidスマートフォンなどで宅外視聴や番組持ち出しが行なえるDTCP-IP対応動画プレーヤーアプリ「DiXiM Play Android版」 に買切りプランを追加、7月6日からDiXiM Storeで販売開始した。iOS用アプリの買切り版も6月より提供されている。

2017年
7月6日
BDレコーダ

「BDZ-ZT2000」など、ソニーBDレコーダ'16年モデルがSeeQVault対応。編集機能強化も

ソニーは、「BDZ-ZT2000」など2016年モデルのBDレコーダ4機種の本体ソフトウェアアップデートを7月6日より開始した。 対象機種はBDZ-ZT2000/BDZ-ZT1000/BDZ-ZW1000/BDZ-ZW500。

2017年
7月5日
アプリ

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboなど展開

1998年に米国で設立され、スマートフォン用のDLNA/DTCP-IP対応アプリ「Twonky Beam」などで知られたパケットビデオは、 '10年にNTTドコモの完全子会社となった。Twonky Beamの開発は'16年に終了し、 日本のコネクテッドホーム事業は米リンクステクノロジー(Lynx Technology)に譲渡された。

2017年
7月3日
NAS、IFTTT、連携

QNAPのNASをLINE、Instagram、Amazon Alexaと連携! 「IFTTT Agent」で通知やバックアップ、音楽再生を自動化

QNAPのNAS向けに「IFTTT Agent」という新しいアプリの提供が開始された。QNAPのNASを「IF This」のトリガー、 もしくは「Then That」のアクションとして利用可能になるエージェントだ。具体的に何ができるのか、実際に試している。


最新情報・ニュースの過去履歴は、下記の各ページにまとめてあります。
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2017年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2016年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2015年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2014年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2013年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2012年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2011年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年7月〜12月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2010年1月〜6月)
 ⇒ 最新情報・ニュースの履歴(2009年)