DiXiM Digital TV plusの使い方
−録画番組や動画・画像・音楽をPCでストリーミング再生−

DiXiM Digital TV plusは、BDレコーダー・デジタルTV(サーバ機能搭載)・NASなどに録画されているデジタル放送番組や、 他のPCやNASに保存されている動画・画像・音楽などをホームネットワークを介してパソコンで再生・視聴できるネットワークプレーヤーソフトです。
DiXiM Digital TV plusは機器間相互接続方式DLNAに対応していますので、 ホームネットワークに接続されているDLNA対応の各機器やこれらに保存されているコンテンツを自動で認識するすることができ、 更に、デジタル放送の著作権保護方式DTCP-IPにも対応していますので、 録画番組のストリーミング再生もパソコンで行えます。
開発はDLNA関係ソフトウェアを幅広く提供(OEMなど)しているデジオン社が行なっており、販売はIO DATA社などが行なっています。

録画番組をホームネットワークを介してストリーミング再生できるDTCP-IP対応のネットワークプレーヤーソフトとしては、 この他にDiXiM Digital TVや、CyberLink社のPowerDVD 14 ultraPowerDVD 13/12 ultra、SoftDMA2があります。 DiXiM Digital TVでは再生できるのはデジタル放送の録画番組だけですが、DiXiM Digital TV plus、PowerDVD 14/13/12 ultra、 SoftDMA2は動画・画像・音楽等も再生できる特徴があります。

また、DiXiM Digital TV plus(及び、DiXiM Digital TV)の大きな特長としてはコンテンツの管理機能が挙げられます。
録画番組をカレンダービューにより一覧表示できる、 ジャンルやチャンネルなどによって分類表示できるなど、コンテンツを分類して表示できるユーザーインターフェースが用意されています。

以下では、DiXiM Digital TV plusを使用して、 他の機器に保存されている録画番組や動画・画像・音楽をパソコンで再生・視聴する場合を取り上げて、

  • DiXiM Digital TV plusの概要
  • 録画番組のストリーミング再生
  • コンテンツ管理機能の使い方
  • 動画・画像・音楽コンテンツのストリーミング再生

などについて紹介します。
なお、以下の使い方の説明で使用しているDiXiM Digital TV plusはIO DATA社のNASやメディアプレーヤーを購入したときに無料で利用できる 「DiXiM Digital TV plus for IO DATA」ですが、製品版とほとんど同等の機能・性能を備えています。

<DiXiM Digital TV plusの入手方法>
 ・ 体験版
 ・ 製品版(ダウンロード)
 ・ 製品版(パッケージ)
 ・ 無料製品版
無料版は、IO DATA社のNASやデジタル放送チューナーを購入すると、 「DiXiM Digital TV plus for IO DATA」を入手できます。


<注意情報:nasneとの連携>
DiXiM Digital TV plusは、録画番組だけでなく、TVチューナーを搭載している機器を利用すると放送中の番組もホームネットワークを介して視聴できます。 例えば、ソニーのネットワークHDDレコーダー「nasne(ナスネ)」で受信している番組や録画番組を視聴できます。

このnasneは2014年9月25日にシステムソフトウェアがVer.2.50にバージョンアップされて、 外出先などの外部からもスマートフォン等を用いて受信番組や録画番組をリモート視聴できるようになりましたが、 このバージョンアップされたnasneに対して、DiXiM Digital TV plusでは正確な動作ができなくなる問題が発生すると10月17日にデジオン社から発表されました。
しかし、2度のアップデータの結果、10月30日リリースのVer.2.2.5.2で不具合が修正されています。





DiXiM Digital TV plusの概要

パソコンにインストールしたDiXiM Digital TV plusを起動すると、ホームネットワークに接続されているDLNA対応のサーバ機器(及びソフト) や保存されているコンテンツをDLNA機能により自動で探し出し、それら全てを始めに認識しようとします。 これは各機器に保存されているコンテンツをまとめてカレンダー表示したり、ジャンルやチャンネル、 日時などで分類できるDiXiM Digital TV plusの特徴を実現するために必要なことですが、 サーバ機器の数やコンテンツの量が多いと表示されるのに時間がかかってしまい動作が遅く感じられることがあります。
DiXiM Digital TV plusの全体表示画面の例を以下に掲載しました。

(1)DiXiM Digital TV plusの全体表示画面<1/2>

DiXiM Digital TV plusの全体表示画面例(1)

(2)DiXiM Digital TV plusの全体表示画面<2/2>

DiXiM Digital TV plusの全体表示画面例(2)

この画面例(1)、(2)では左側の「サーバー」を選択したので、ホームネットワークに接続されている次のようなサーバー機器 (及び、サーバーソフト)が一覧表示されています。
NAS(LAN接続HDD)

  • LANDISK-*****[LANDISK]
  • NAS-HVL1[LAN DISK AV]

パソコンのDLNA対応サーバーソフト

  • *****-PC(Cyber Link Media Server)
  • *****-PC:*****(WMP11)
  • *****-VAIO-PC(Cyber Link Media Server)
  • *****-VAIO-PC:*****(WMP11)
  • *****-VAIO-PC:TVersity Media Server
  • *****-VAIO-PC:VAIO Media Plus

ケーブルテレビのセットトップボックス

  • ケーブルテレビ(パナソニックのレコーダーDIGAと同等)

このサーバー一覧からいずれかを選択(クリック)すると、そのサーバー内に保存されているコンテンツを一覧表示することができます。
サーバーソフトの場合は、そのソフトで共有設定したコンテンツが一覧表示されます。
また、画面左側の「デジタルテレビ」、「ビデオ」、「フォト」、「ミュージック」のいずれかを選択すると、 それぞれのカテゴリーごとにサーバーやコンテンツを表示できます。

<参考情報>
DiXiM Digital TV plusはコンテンツの再生機能(DMP)だけでなく、DLNAバージョン1.5のコントロール機能(DMC)やレンダラー機能(DMR) も備えています。
しかし、BD・DVD・HDDレコーダーやNASに保存されているコンテンツをテレビで再生させることができるDMC機能については、 スマートフォンやタブレットを利用したほうが使いやすく、 また、他の機器から指示されてパソコンでコンテンツを再生するDMR機能については、PowerDVD 14/13/12 ultraが使いやすいので、 ここでは省略してあります。

DMC機能がスマートフォンなどで利用できるアプリ「Twonky Beam」は『Twonky Beamの使い方』 のページで紹介しています。

「PowerDVD ultra」の詳細については、
 『PowerDVD 14 Ultraの使い方
 『PowerDVD 13/12の使い方
のページにまとめてありますのでご覧ください。





録画番組をDiXiM Digital TV plusで再生・視聴

コンテンツのカテゴリーから「デジタルテレビ」を選ぶと、以下の画面例(3)のように、 デジタル放送番組が録画されている機器(及び、サーバーソフト)を表示することができます。
以下では、これらに保存されている録画番組をDiXiM Digital TV plusでストリーミング再生する場合について紹介します。

(3)録画番組が保存されているサーバ機器の表示

録画番組が保存されているサーバ機器の表示画面例

*****-VAIO-PC:VAIO Media Plus
これはVAIOパソコンにインストールされているサーバーソフトです。 共有設定したコンテンツ(録画番組・動画・画像・音楽)を配信することができるので、 これらをDiXiM Digital TV plusで再生することができます。

ケーブルテレビ
これは、パナソニック製のケーブルテレビ用セットトップボックス(STB)です。 DVD・HDDレコーダー「DIGA」と同等の録画・配信機能を持っており、内蔵HDDに録画した地デジ、BS放送、 ケーブルテレビ放送などをDiXiM Digital TV plusでストリーミング再生することができます。

NAS-HVL1[LAN DISK AV]
これはホームネットワークに接続されているNAS(LAN接続HDD)です。 デジタルTVで録画した番組がダビングされて保存してあります。
これを選択すると以下の画面例(4)のように、NAS内のフォルダ「Folders」の内容を表示することができ、 録画番組が収納されている「dlna」フォルダと動画・画像・音楽ファイルが保存されている「contents」フォルダが表示されます。
次に、「dlna」を選択すると画面例(5)のように、フォルダ内に保存されている録画番組がリスト表示されますので、 いずれかを選ぶと番組をストリーミング再生することができます。

再生できる録画モード(フォーマット)
DiXiM Digital TV plusで再生できるのは、DRモード(MPEG2-TS)で録画した番組と長時間モード(MPEG4/AVC) で録画した番組ですが、長時間モードの場合は録画に使用した機器、メーカーによっては再生できないことがあります。 上記のセットトップボックス(「ケーブルテレビ」と表示されている)はパナソニック製品ですが、 同社のレコーダーDIGAと同様の録画機能、配信機能(サーバー機能)を備えており、 全ての長時間モードについて録画番組をDiXiM Digital TV plusで再生できています。

DiXiM Digital TV plusを使用した時に、 サーバー機器としての動作が確認されている製品はデジオン社のサイトに掲載されていますので参照してください。

(4)NAS(NAS-HVL1)を選択した時の「Folders」の内容

「Folders」の中のフォルダー画面例

(5)「Folders」の中の「dlna」に格納されている録画番組リスト

「dlna」に格納されている録画番組リストの表示画面例




DiXiM Digital TV plusのコンテンツ管理機能

DiXiM Digital TV plusの大きな特徴として、コンテンツの管理機能が充実していることが挙げられ、 次のようなユーザーインターフェースが利用できます。、

  • 月、週、日の切り替えができるカレンダービューにより、録画番組をリスト表示
  • 未視聴番組、ジャンル、チャンネル、日時、曜日、時間帯などによって分類表示
  • 再生時に画面のスキップや戻し再生など、BDレコーダーのような操作性
  • 録画番組や動画・画像・音楽の詳細を表示
  • 録画番組や動画・画像・音楽に関連する他のコンテンツを探してレコメンド表示

コンテンツのカテゴリーから「デジタルテレビ」を選んだ時の表示画面例(3)で、例えば「ケーブルテレビ」を選ぶと、 このサーバー機器に保存されている録画番組をリスト表示できますが、 この表示のスタイルを以下の画面例(6)のようにカレンダー表示に変更することができます。
また、画面左側に視聴、ジャンル、チャンネル、時間帯などが表示されていますので、 これらを選ぶと録画番組を以下の画面例(7)、(8)のように分類表示することができます。

次に、録画番組の内容・詳細を画面例(9)のように表示できます。 この画面例では関連する他の録画番組も下部に表示されていますので、いずれかを選ぶと再生・視聴することができます。

(6)コンテンツのカレンダー表示

コンテンツのカレンダー表示

(7)チャンネルによる分類

チャンネルによる分類

(8)ジャンルによる分類

ジャンルによる分類

(9)コンテンツの内容、詳細を表示

コンテンツの内容、詳細を表示




動画・画像・音楽をDiXiM Digital TV plusで再生

DiXiM Digital TVではストリーミング再生できるのは録画されたデジタル放送番組だけですが、 DiXiM Digital TV plusは他のパソコンやNASなどに保存されている動画、画像、音楽もストリーミング再生することができます。

前掲した画面例(1)で「ビデオ」や「フォト」、「ミュージック」のいずれかを選ぶと、 それらのコンテンツが保存されているサーバー機器が一覧表示され、更に、コンテンツをリスト表示できます。

例えば、「ビデオ」を選ぶと以下の画面例(10)のようにビデオ(動画ファイル)が保存されているサーバー機器(及び、ソフト) が一覧表示されます。NASなどの機器を選ぶと保存されている動画ファイルが一覧表示できます。 また、他のパソコンのサーバーソフトを選ぶと、そのソフトで共有設定した動画ファイルが全て一覧表示されます。

<再生できる動画ファイルのフォーマット>
 MPEG(MPEG1、MPEG2)
 WMV(WMP9、WMP8、WMP7)
 VOB
 AVCHD
なお、他のパソコンのサーバーソフトがファイル形式の変換機能を備えている場合は、上記以外の動画も再生できます。

(10)動画(ビデオ)が保存されているサーバー機器一覧

動画(ビデオ)が保存されているサーバー機器一覧