ネットワークカメラ(IPカメラ) −特徴と製品例−

家の内外の監視モニターや、ペット・子供の見守りモニターなどのために、 一般家庭でも利用できるモニターカメラ(ネットワークカメラ)が発売されており、家庭内や外出先で映像を見ることができます。 このようなネットワークカメラは撮影映像を配信する機能を備えているので、パソコンなどの他の機器につながなくても、 有線LANや無線LANなどのホームネットワークに直接接続するだけで、 ネットワークを介して離れた場所で映像を見ることができ、IPカメラとも呼ばれています。
また、インターネットを利用して外出先や他の家庭などの外部からパソコンやスマートフォンなどで映像を見ることも可能です。
(以下の図「ネットワークカメラの使い方」を参照)

この他に映像をネットワークを介して見れるカメラとしては映像チャットなどに用いられているWebカメラがありますが、 これはパソコンにUSB等で接続し、パソコンソフトの映像配信機能を利用しますのでパソコンが必要になります。
しかし、ネットワークカメラは映像を配信するサーバ機能を備えていますので、パソコンに接続する必要は無く、 単独でネットワーク上に映像を送信することができます。

以下では、

  • ネットワークカメラの特徴・仕様(どのような特徴に注目するか)
  • ネットワークカメラの製品例
  • Webカメラのネットワーク化

などについて紹介します。

ネットワークカメラの使い方
(離れた場所でカメラ映像をモニタ)

ネットワークカメラの使い方





ネットワークカメラ(IPカメラ)の特徴・仕様

ネットワークカメラを選ぶ場合や使用する際に着目すべき主な特徴・仕様としては下記のような項目があります。

ホームネットワークへの接続(有線LANか無線LANか)
有線LAN(100/10Mイーサネット)の接続ポートを備えていますのでLANケーブルを用いてHUBやルータに接続します。 無線LANにも対応している製品はLANケーブルの配線が不要なので、電源コンセントがあればどこにでも設置できます。 また、有線LANのLANケーブルの替わりに高速PLCを使用してホームネットワークに接続することもできます。

解像度と画素数
ネットワークカメラの画質の程度を表す解像度は使用しているカメラの画素数に依存しますが、 家庭用のものは通常は30万画素程度であり、解像度は最大で640x480(横が640画素、縦が480画素)となっています。 しかし、業務用に使われるような高解像度(130万画素、1280x1024〜800) の性能を持つ低価格なネットワークカメラも発売されるようになっています。

フレームレート
映像の動きのスムーズさは、1秒間に何枚の画像(フレーム)を送り出せるかを示すフレームレートに依存します。 ほとんどのネットワークカメラは、解像度が640x480の場合は1秒間に30フレームを送信できるようになっています。 この時のフレームレートは30fpsと表されます(fps:frame per second)。 解像度が大きくなると画質はより鮮明になりますが、通常はフレームレートが小さくなるため、 映像の動きが次第にコマ送りのようになってしまいます。

フォーマット
映像のフォーマットについてはMotion-JPEGが主流ですが、 映像圧縮により通信帯域を小さくできるMPEG4にも対応している製品が増えてきています。

モニター方法
映像のモニターは専用のソフトウェアを使用する機種もありますが、ほとんどの製品はパソコンの汎用ブラウザ (Explorerなど)を利用できるようになっています。 また、ブラウザ機能を備えている機器でモニターできる製品もあります。
スマートフォン・携帯電話やタブレット等でモニターすることができる製品もあり、どこででも映像をチェックできるので便利です。

録画機能
ホームネットワークに接続されたパソコンやNAS(LAN接続HDD)にネットワークカメラの映像(動画、静止画) を録画できる機能を備えている製品があります。
最新の製品はほとんどが録画できるようになっています。

パン・チルトとズーム
ネットワークカメラには撮影レンズの向きを上下・左右に変えられるパン・チルト機能や、 画面を拡大・縮小できるズーム機能を持っている機種もありますが価格は高くなります。
パン・チルトやズームはモニターしているパソコンやスマートフォン等の画面上で操作することができます。 また、ズーム機能はデジタル画像処理で行うデジタルズームがほとんどですが、約3〜4倍まで画面を拡大できます。

付加機能
ネットワークカメラの搭載機能も多彩になっており、赤外線LEDを備えて夜間・暗所でも利用できたり(暗視機能)、 マイクを備えて音声の録音や会話ができる製品もあります。
更に、動いているものに反応する動体検知機能を搭載した製品は、検知映像をNASに保存したり、 検知結果をE-Mailで通知したり、音声で警報したりすることができます。

セキュリティ
カメラ映像を他者に見られないように、IPアドレスを指定して利用ユーザを制限する機能や、 暗号化によるセキュリティ対策を備えている製品もあります。




ネットワークカメラ(IPカメラ)の製品例

ネットワークカメラの主な製品例を以下に紹介します。
最近の製品はほとんどがパソコンやスマートフォン等のモバイル機器で映像を見ることができるようになっており、 モニター映像や音声を録画・録音することも可能です。

ネットワークカメラを無線LANで接続する場合は、以前は設定が面倒なことがありましたが、 Wi-Fiに対応している最近の機種では、無線LANルーターのWPSボタンを押してからネットワークカメラのWPSボタンを押すと、 接続設定を簡単にできるようになっています。
なお、以下には掲載してありませんが、中国製のネットワークカメラが低価格で発売されるようになっています。 無線LANで接続する場合は設定が難しい場合があります。

130万画素のカメラを搭載し、4倍ズーム機能を備えているIO DATA社のネットワークカメラQwatch「TS-WLCAM」の接続設定や使い方については、
Qwatchの使い方(1):−接続/登録設定してスマートフォンで見る−
Qwatchの使い方(2):−NASへの録画・保存と再生−
Qwatchの使い方(3):−NASの保存映像を外部から見る−
Qwatchの使い方(4):−動体検知してNASに映像を保存−
のページに掲載してあります。

パン/チルト/暗視機能を備えた低価格なTENVIS社(中国)のネットワークカメラ「JPT3815」の接続設定や使い方については、
TENVISネットワークカメラの使い方(1):−有線と無線で接続設定−
TENVISネットワークカメラの使い方(2):−インターネットで見る−
TENVISネットワークカメラの使い方(3):−スマートフォンで見る−
のページに掲載してあります。

次に、テレビで直接見ることができるネットワークカメラとしては、パナソニックから製品が発売されています (以下の製品例を参照)。 パナソニックのデジタルTVであるVIERAと連携することができ、更にパソコンやモバイル機器でも見ることができます。
また、2008年9月発売のBD・DVD・HDDレコーダ「 BW930・BW830・BW730」 にホームネットワークを介して映像を録画できるようになり、 その後、BDレコーダーにも対応するようになりました。

ネットワークメディアプレーヤを使用してTVで映像を見れるネットワークカメラとしては、 IO DATA社のQwatch「TS-MCAM」(生産終了製品)があります。 これをホームネットワーク(家庭内LAN)に接続すれば、 IO DATA社のネットワークメディアプレーヤ Avel LinkPlayerを用いると、 サーバ機器の一つとして認識されてサーバ一覧画面に表示されますので、 これを選択するとテレビの画面でカメラ映像を見ることができます。


メーカー、製品名・型番 商品情報 概 要

IO DATA
「Qwatch」
TS-WLCAM

ネットワークカメラ(IO DATA)TS-WLCAM


価格・口コミ

有線/無線LAN対応ネットワークカメラ「Qwatch」 TS-WLCAM

130万画素
有線LAN対応(100BASE-TX/10BASE-T)
無線LAN対応(IEEE802.11n/g/b)
デジタルズーム4倍
画像圧縮方式 MotionJPEG
最大フレームレート 30fps
最大ビデオ解像度
 1280x960(10fps)、640x480(30fps)

2012年12月発売

IO DATA
「Qwatch」
TS-WLC2

ネットワークカメラ(IO DATA)TS-WLC2


価格・口コミ

暗視機能・マイク・スピーカー付無線LAN対応ネットワークカメラ「Qwatch」 TS-WLC2

100万画素
有線LAN対応(100BASE-TX/10BASE-T)
無線LAN対応(IEEE802.11n/g/b)
カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵
デジタルズーム4倍
暗視機能
画像圧縮方式 H.264/MJPEG
最大フレームレート 30fps
ビデオ解像度
 1280x720、640x480、320x240

2013年11月発売

IO DATA
「Qwatch」
TS-WPTCAM

ネットワークカメラ(IO DATA)TS-WPTCAM


価格・口コミ

パン・チルト/暗視機能搭載 有線/無線LAN対応「Qwatch」 TS-WPTCAM


100万画素
パン/チルト/ズーム(4倍)/暗視
有線LAN対応(100BASE-TX/10BASE-T)
無線LAN対応(IEEE802.11n/g/b)
カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵
画像圧縮方式 H.264、MotionJPEG
最大フレームレート 30fps
ビデオ解像度
 HD(1280x720)、VGA(640x480)、
 QVGA(320x240)

2013年4月発売

PLANEX
CS-WMV04N


ネットワークカメラ(PLANEX)


価格・口コミ

CS-WMV04N


130万画素
有線LAN対応(100BASE-TX/10BASE-T)
無線LAN対応(IEEE802.11n/g/b)
デジタルズーム4倍
画像圧縮方式 MotionJPEG、MPEG4
最大フレームレート 30fps
最大ビデオ解像度 1280x1024
パン・チルト機能搭載
動体検知機能
音声双方向通信対応

PLANEX
CS-WMV043G-NV


ネットワークカメラ(PLANEX)


価格・口コミ

CS-WMV043G-NV


130万画素
3Gモバイル端末対応
有線LAN対応(100BASE-TX/10BASE-T)
デジタルズーム4倍
画像圧縮方式 MotionJPEG、MPEG4、H.264
最大フレームレート 30fps
最大ビデオ解像度 1280x1024
パン・チルト機能搭載
赤外線LED搭載
動体検知機能

PLANEX
CS-W05NM


ネットワークカメラ(PLANEX)


価格・口コミ

CS-W05NM


130万画素
有線LAN対応(100BASE-TX/10BASE-T)
無線LAN対応(IEEE802.11n/g/b)
デジタルズーム4倍
画像圧縮方式 MotionJPEG、MPEG4、H.264
最大フレームレート 30fps
最大ビデオ解像度 1280x1024
動体検知機能

PLANEX
CS-W05N


ネットワークカメラ(PLANEX)


価格・口コミ

CS-W05N


30万画素
有線LAN対応(100BASE-TX/10BASE-T)
無線LAN対応(IEEE802.11n/g/b)
デジタルズーム4倍
画像圧縮方式 MotionJPEG、MPEG4
最大フレームレート 30fps
最大ビデオ解像度 640x480
動体検知機能

COREGA
CG-NCPTL


ネットワークカメラ(COREGA)


価格・口コミ

コレガ(アライドテレシス) パン&チルト(首振り) CG-NCPTL


30万画素
有線LAN対応
デジタルズーム3倍
画像圧縮方式 MotionJPEG
最大フレームレート 30fps
最大ビデオ解像度 640x480
パン・チルト機能搭載
音声双方向通信対応

COREGA
CG-NCMNL


ネットワークカメラ(COREGA)


価格・口コミ

コレガ(アライドテレシス) CG-NCMNL


30万画素
有線LAN対応
デジタルズーム3倍
画像圧縮方式 MotionJPEG
最大フレームレート 30fps
最大ビデオ解像度 640x480

パナソニック
BL-C161KT(屋外用)

ネットワークカメラ(パナソニック)

BL-C131(屋内用)、
BL-C111(屋内用)

ネットワークカメラ(パナソニック)


価格・口コミ

Panasonic ホームネットワークカメラ(屋外用) BL-C161KT

Panasonic ホームネットワークカメラ BL-C131

Panasonic ホームネットワークカメラ BL-C111


32万画素
みえますねっとLite」サービス対応
100M/10Mイーサネット対応
パン・チルト機能付き(BL-C161KTは非対応)
動作検知センサー、人感センサー搭載
携帯電話による画像確認
BL-C131は無線LAN対応

以下は、参考紹介
(生産終了製品)



IO DATA
「Qwatch」
TS-MCAM(有線)、
TS-MCAM-G(有線/無線)

ネットワークカメラ(IO DATA)


価格・口コミ

TS-MCAM-G

2008年2月20日生産終了
Avel LinkPlayerから閲覧可能
マイク内蔵:PCで音声付映像を視聴可能
PCで4台のQwatchを同時に表示
人感センサー搭載
携帯電話による画像確認
パン・チルト、ズーム対応
有線:100M/10Mイーサネット
無線:IEEE802.11g




Webカメラのネットワーク化

Webカメラは、パソコンにUSBケーブルで接続し、専用ソフト等を用いてカメラ映像を見たり音声を聞くことができます。 パン・チルト機能やズーム機能を搭載している製品もあり、ネットワークカメラに比べると低価格で購入することができるので、 Webカメラがネットワークカメラのように利用できると便利です。
このようなWebカメラの映像をホームネットワークを介して視聴するには、USBデバイスサーバを利用する方法があります。 USBデバイスサーバはUSB-HDDやUSBメモリ、プリンタ等をホームネットワークを介して複数のパソコンで共有利用できるインターフェース装置ですが、 以下の図のように、WebカメラとUSBデバイスサーバの間をUSBケーブルで接続すると、 このUSBケーブルをLANケーブルで延長したような形態でWebカメラが使えるようになるので、 Webカメラをパソコンから離れた場所に設置することができます。


Webカメラをパソコンから離れた場所に設置してパソコンで見る
(LANケーブルや無線LANでパソコンと接続)

Webカメラのネットワーク化