DLNAに対応したネットワークメディアプレーヤーの使い方

ネットワークメディアプレーヤーはテレビに直接接続して、以下の図のように、 ホームネットワーク(家庭内LAN)に接続されたパソコン、NAS(LAN-HDD)、 BD・DVD・HDDレコーダなどのコンテンツサーバ機器に保存されているマルチメディアコンテンツ(放送/動画/画像/音楽)を、 離れた場所に置いてあるデジタルテレビやアナログテレビで自由に選んで視聴することができるアダプタ装置です。
ネットワークメディアプレーヤーの使い方の特徴としては、下記のような点が挙げられます。

異なるサーバ機器のコンテンツをまとめて視聴
インターネットでダウンロードした動画・静止画・音楽などのコンテンツや、TV放送を録画したコンテンツ等を各種機器に多数保存している場合や、 あるいは、ビデオカメラやデジカメで撮影した映像コンテンツやCD等の音楽コンテンツが多数ある場合、 デジタルTVやアナログTVにネットワークメディアプレーヤーを接続することにより、 これらのコンテンツをテレビを用いてまとめて利用・視聴できるのでたいへん便利になります。

インターネットコンテンツを視聴
アクトビラ、TSUTAYA TV、YouTube等の各種インターネット映像サイトにアクセスして視聴することができます。 なお、対応している映像サービスは機種によって異なっています。 また、パソコンに搭載したコンテンツサーバソフトと連携することにより、YouTube、InternetTV等のコンテンツもテレビで視聴できるようになります。

アナログテレビでデジタルコンテンツを視聴
テレビ放送のデジタル化に伴い古くなったアナログテレビは使われなくなっていますが、 ネットワークメディアプレーヤーを接続すればデジタルコンテンツを利用できるようになるので、 アナログTVを活かすことができます。

以下では、代表的な機器間相互接続方式であるDLNAに対応したネットワークメディアプレーヤーを中心に、 マルチメディアコンテンツを利用・視聴する方法や表示画面例を紹介します。

ネットワークメディアプレーヤーを用いてマルチメディアコンテンツを視聴


<関連情報>
Android OSを搭載し、テレビのHDMIポートに接続できるスティック形状の小型Android端末が発売されるようになっていますが、 ネットワークメディアプレーヤーと同様な機能を備えたプレーヤーアプリをインストールして使用すると、 Android端末をネットワークメディアプレーヤーのように利用することができます。
詳細については、下記のページをご覧ください。
Android端末を用いたネットワークメディアプレーヤー −DLNA対応アプリで実現−





ネットワークメディアプレーヤーを用いて
マルチメディアコンテンツを視聴

ネットワークメディアプレーヤーは、ホームネットワークに接続されているパソコンやNASなどのサーバー機器や保存されているコンテンツを自動認識するために、 ほとんどの製品が機器間相互接続方式のDLNAを採用しており、この機能を搭載しています。
更に、デジタル放送の著作権保護方式DTCP-IPにも対応していればBDレコーダーなどで録画した番組を視聴することもできます。
また、サーバー機器については、メーカーや機種が異なっていてもDLNAやDTCP-IPに対応していれば、 ネットワークメディアプレーヤーがコンテンツを再生できるようになっています。

DLNAに対応している主なネットワークメディアプレーヤー製品としては、

  • BuffaloのLink Theater(リンクシアター)
  • IO DATAのAvel Link Player(リンクプレーヤー)

などがあり、また、次のようなゲーム機もネットワークメディアプレーヤーとして利用できます。
 ・ソニーのプレイステーション3(PS3)
 ・マイクロソフトのXbox360

PS3とXbox360の詳細については、下記のページにまとめてあります。
 ・ゲーム機の使い方
 ・PS3の使い方
 ・Xbox360の使い方


上記の各機器の価格・口コミ情報;
Buffalo Link Theater:

IO DATA Link Player:

ソニー:

マイクロソフト:


次に、ネットワークメディアプレーヤーを用いて各種コンテンツを視聴する方法について紹介します。

パソコンのコンテンツを視聴
パソコンのコンテンツをネットワークメディアプレーヤー視聴するには、DLNA対応のサーバーソフトをパソコンに搭載しておく必要があります。
代表的なサーバーソフトとしては、MezzmoTVersityがあります。
また、Windows 7以降のOSのパソコンにはWindows Media Player 12が搭載しており、DLNA対応のサーバーソフトとして使用できます。 なお、Windows Media Player 11はDLNAが採用している接続方式UPnPを使っているのでこれもサーバーソフトとして利用できます。 但し、コンテンツを認識させるためにコンテンツの共有(公開)設定を行っておきます。

NASのコンテンツを視聴
NASのコンテンツを視聴するには、DLNAに対応しているNASを使用します。 NASの製品例は、「NAS(LAN接続HDD)の使い方 −DLNA/DTCP-IP対応 −」のページを参照してください。

デジタル放送の視聴
デジタル放送コンテンツを視聴するには、DLNAに対応しており、 更に、著作権保護技術のDTCP-IPにも対応しているネットワークメディアプレーヤーを使用します。 BDレコーダーやNAS、パソコン等に録画されたデジタル放送番組もホームネットワークを介して再生することができます。
また、デジタル放送チューナーを搭載した製品が発売されるようになり、多機能化が行われています。 例えば、Buffaloの「DTV-X900」やIO DATAの「HVT-BCT300」はUSB-HDDをつなぐとデジタル放送を録画することもできます。 デジタル放送チューナーを搭載したこのようなネットワークメディアプレーヤーをアナログTVにつなげば、 デジタルTVと同様な使い方ができるのでアナログテレビを有効活用することができます。

インターネットコンテンツの視聴
ネットワークメディアプレーヤーの使い方の特徴として、アクトビラ等のインターネット映像サービスを利用できる点や、 YouTubeなどの動画共有サイトのコンテンツをテレビで視聴できる点があります。 但し、どのような映像サービスを利用できるかは製品によって異なっています。
また、インターネットへのアクセスは、ネットワークメディアプレーヤー単独でアクセスできる場合とパソコン内のソフトを介してアクセスする場合があります。 例えば、後者のケースとしては、「TVersity」や「B's 動画 on TV」をパソコンにインストールしてコンテンツサーバソフトとして使用する方法があります。 これらがインターネットコンテンツにアクセスしてダウンロードを行い、 そのコンテンツをネットワークメディアプレーヤーに配信してくれます。
詳細は、「TVersityの使い方」や「B's 動画 on TV の使い方」 のページをご覧ください。

その他のネットワークメディアプレーヤー
DLNAには対応していませんが、DLNAで採用しているUPnP(Universal Plug and Play)等のプロトコル(通信手順) を組み込んでDLNA対応機器と同じようにサーバー機器を認識してコンテンツを再生する働きを持っているネットワークメディアプレーヤーがあります。
主な製品としては、

などがあります。

これらは、機器内にハードディスクドライブ(HDD)を備えており、

  • NASのようにコンテンツを保存・配信できる
  • インターネット映像サービスに直接接続できる
  • コーデックを内蔵して多様なファイル形式に対応している

などの各種機能を搭載して特徴を出しています。 なお、DTCP-IPには対応していないのでデジタル放送コンテンツの再生はできません。

上記の各機器の価格・口コミ情報;
DIGITAL COWBOY社:

  • 多機能型HDDメディアプレーヤー: DC-MC35ULI
  • ハイビジョンHDD MEDIAPLAYER KIT 3: DC-MC35UL3
  • ネットワーク&HDDメディアプレーヤー: DC-MCNP1

QNAP社:

  • ネットワークマルチメディアプレーヤー 黒: NMP-1000JP

プリンストンテクノロジー社:

  • メディアプレーヤー: PAV-MP1




ネットワークメディアプレーヤーの表示画面例

コンテンツサーバ機器に保存されているコンテンツをネットワークメディアプレーヤーを用いて視聴する場合、 各機器やコンテンツを選ぶ手順、及び、GUI(Graphical User Interface)は、各メーカーとも工夫がされていますが、 基本的な流れは以下の図のようになります。
目的のコンテンツを選ぶ方法としては、

  • サーバ機器を最初に選ぶ場合
  • 動画・静止画・音楽の分類を最初に選ぶ場合

の二通りに大別できます。

また、表示画面の例として、BuffaloとIO DATAのネットワークメディアプレーヤーの場合を以下に掲載しました。

マルチメディアコンテンツの視聴手順

マルチメディアコンテンツの視聴手順



Buffalo「Link Theater LT-H90」の使用例

Link Theaterの最初の画面(Buffalo Link Theater LT-H90)

Link Theaterの最初の画面


「コンテンツを選択」を選んだ場合のサーバ選択画面

「コンテンツを選択」を選んだ場合のサーバ選択画面


「ネットワーク共有フォルダ」を選んだ場合のパソコン、LAN-HDD選択画面

「ネットワーク共有フォルダ」を選んだ場合のパソコン、LAN-HDD選択画面



IO DATA「Avel Link Player AV-LS500VX」の使用例

Link Playerの最初の画面(IO DATA Avel Link Player AV-LS500VX)

Avel Link Playerの最初の画面


「メディアプレーヤー」を選択した場合の画面
(IO DATA Avel Link Player AV-LS500VX)

「メディアプレーヤー」を選択した場合の画面


「メディアサーバー」を選択した場合の画面

「メディアサーバー」を選択した場合の画面


PC1の「TVersity Media Server」を選んだ場合の画面

PC1の「TVersity Media Server」を選んだ場合の画面