ビエラ・コネクト(VIERA CONNECT)とは
− 特徴と使い方 −

ビエラ・コネクト(VIERA CONNECT)は、パナソニックが2011年春より米国やヨーロッパなど約100カ国以上で展開しているクラウド型のテレビ向けインターネットサービスです。
日本ではデジタルTVのVIERA向けにアプリケーション(アプリ)を用意して2011年10月からサービスを開始し、 簡単なリモコン操作でVOD(Video on Demand)からショッピングまでいろいろなサービスを利用できるようになっています。

それまではVIERAの「テレビでネット」機能として、アクトビラなどの各種VODサービスの利用が可能でしたが、 新たにアプリ配信サービスの「ビエラ・コネクト マーケット」 を設立して様々なアプリのダウンロードに対応するようにしてサービスの拡大を図っています。
また、無料サービスの他に有料サービスも始められており、VIERAを使用してVODやライフスタイル、コミュニケーション、 ゲーム、ショッピングなど様々なサービスが利用できるようになっています。

ビエラ・コネクトに対応している機器は、当初は2011年発売のVIERAシリーズ(VT3/DT3/GT3/ST3/RB3シリーズなど)ですが、 2010年発売のVIERAシリーズ(VT2/V2/D2/RT2B/RB2/R2シリーズなど)もサービスが利用できる予定です。
また、2011年発売のレコーダー「ブルーレイDIGA」(BZT9000/BZT900、BZT810/BZT710/BZT510など) もサービスの一部が利用できる予定になっています。

以下では、

  • ビエラ・コネクトの狙いと特徴
  • ビエラ・コネクトのサービス
  • ビエラ・コネクトのアプリケーション(アプリ)とビエラ・コネクト マーケット

等について紹介します。


クラウド型サービスのイメージ(パナソニックホームページより引用)

クラウド型サービスのイメージ

ビエラ・コネクト(VIERA CONNECT)の利用イメージ
(パナソニックホームページより引用)

ビエラ・コネクト(VIERA CONNECT)の利用イメージ





ビエラ・コネクト(VIERA CONNECT)の狙いと特徴

ビエラ・コネクトは幅広い分野のエンターテイメントや生活に役立つ「スマートAVライフ」を楽しむことをコンセプトにしており、 大画面テレビならではのアプリケーション(アプリ)を用意しています。 インターネット上の映像のVODサービスやゲームをVIERAで楽しむことができ、更に、コミュニケーションや生活情報、 ショッピングなどライフスタイルを充実させるための各種サービスを利用することができます。
つまり、テレビをインターネット情報サービスの窓(インターフェース)として使用して、 新しいライフスタイルの提供を図っています。

また、ビエラ・コネクトの特徴的な点としては、VIERA本体にアプリを追加、 拡張してクラウド型のインターネットサービスにアクセスするため、本体のメモリー使用量は少なくて済むことがあります。 従って、本体メモリー容量の制約を気にしないでアプリを増やして楽しむことが可能です。
操作性については、画面のコントロールやデータの取得は独自のテレビ用ミドルウェアを使用しており、画面を高速に立ち上げたり、 リモコンの高速動作ができるようになっています。

メニュー画面のカスタマイズ
ビエラ・コネクトのメニュー画面は複数のページで構成されていますが、 このメニュー画面を自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。
よく利用するアプリを1ページ目に置くことができ、各ページのアプリの位置関係も変更することが可能です。

メニュー画面のカスタマイズイメージ
(パナソニックホームページより引用)

メニュー画面のカスタマイズ




ビエラ・コネクト(VIERA CONNECT)のサービス

VIERAの「テレビでネット」で行なっていたサービスに加えて新たなサービスが順次提供されており、 これらをデジタルテレビ「VIERA」の大画面で利用することができます。

利用できるサービス
ビデオサービス
 Hulu(フールー:月額1,480円)
 MLB TV(有料)
 アクトビラ(有料/無料:メニュー解像度をフルHDにリニューアル)
 TSUTAYA TV(有料:リニューアル版)
 Ustream
 3D体験コーナー
 YouTube
 ひかりTV
コミュニケーション
 Skype(テレビ通話)
 Facebook
 Twitter
 Pacasaウェブアルバム
ライフスタイル
 おうちごはん
 クラブパナソニック
 radiko.jp
ゲーム
 各種ゲーム(有料/無料)

新たに開始される(された)サービス
ビデオサービス
 DMM.TV(有料)
 TBSゴルフ動画検索(無料)
 Dailymotion(無料)
ライフスタイル
 Yahoo!オークション(無料)
 楽天ランキング(無料)
 電子雑誌「ビューン」(有料)
 電子チラシ「Shufoo!」(無料)
 AccuWeather(無料)

各サービスと対応機器(VIERA、DIGA)の関係はパナソニックのサイトに掲載されていますので参照してください。




ビエラ・コネクト(VIERA CONNECT)の
アプリケーション(アプリ)とビエラ・コネクト マーケット

ビエラ・コネクトのアプリは新たに開設された「ビエラ・コネクト マーケット」で有料または無料で提供されます。
アプリのダウンロード・購入は、VIERAのリモコンを用いてVIERAの画面上から操作することができるようになっています。 なお、アプリだけでなくVIERAの関連商品(3Dメガネ、SDカード、他)も購入できます。

「ビエラ・コネクト マーケット」での購入・決済は、パナソニックの直販サイト「パナセンスのIDと連携しており、 クレジットカード支払いとなっています。但し、一部商品については代引きでの決済も可能です。
また、一部の有料コンテンツや有料アプリについては、HuluやMLB TVなどのサービス提供元の課金システムを利用することもあります。

ビエラ・コネクト マーケット
(パナソニックホームページより引用)

ビエラ・コネクト マーケット