パソコンやNASの動画・画像・音楽をREGZA(レグザ)で再生

<REGZAの使い方(3)>

東芝のREGZAのようなDLNAに対応しているデジタルTVはメディアプレーヤ機能を内蔵していますので、 有線LANや無線LANなどのホームネットワークに接続すれば、 ホームネットワークに接続されているパソコン、NAS(LAN対応HDD)などのコンテンツサーバ機器を自動認識して、 以下の機器選択画面のようにTV画面上に一覧表示することができ、 それらの機器に保存されている動画・画像・音楽などのコンテンツを再生することができます。
パソコンの場合は、ホームネットワークを介してコンテンツを配信する機能を持つサーバソフトが表示されます。

以下の画面例では、
 ・XXX-PC:Ultimate CS
 ・XXX-PC:WMP11
 ・DiXiM2 Server
 ・XXX-PC:BUFFALO MediaServer
がパソコン(XXX-PC)にインストールされているサーバソフトです。
また、HVL1-XXXXXX(DiXiM Media Server)がホームネットワークに接続されているNAS(LAN対応HDD)です。

以下の機器選択画面には表示されていませんが、サーバ機能を持つDLNA対応アプリがスマートフォンやタブレットにインストールされていれば、 これらを表示することができ、保存されているコンテンツをREGZAで再生することも可能です。

コンテンツサーバ機器・ソフトの選択画面例

コンテンツサーバ機器・ソフトの選択画面例




パソコンに保存した動画・画像・音楽をREGZAで再生

パソコン内の動画や画像、音楽などのコンテンツをREGZAなどのDLNA対応デジタルTVを用いて再生するには、 コンテンツを配信するためのサーバソフトがパソコン内にインストールされていなければなりません。

REGZAが認識できるサーバソフトの例としては、

などがあります。

これらのソフトを用いてファルダやコンテンツの共有(公開)設定を行っておけば、 REGZAが自動認識してフォルダやコンテンツが一覧表示されます。 パソコン内蔵のHDDだけでなく、外付けのUSB-HDD等のフォルダやコンテンツも共有設定できます。 設定の詳細は、「コンテンツの共有設定、保存、視聴」 のページにまとめてありますのでご覧ください。
なお、広く利用されているサーバソフトのTVersityは認識されないため利用できません。

再生できるファイル形式(基本)

  • 動画:MPEG2(音声:MPEG1,2 LayerU、リニアPCM、ドルビーデジタル)
    MPEG4(H.264):旧製品では非対応
  • 静止画:JPEG
  • 音楽:MP3、リニアPCM (2009年以前の機種には音楽に非対応の製品がある)

最近の機種ではMPEG4(H.264)動画の再生も可能になっていますが、REGZAが再生できる動画コンテンツは基本的にはMPEG2であるため、 他のファイル形式の動画コンテンツを再生するには、 ファイル形式(フォーマット)変換ソフトを使用してファイル形式を標準的な MPEG2に変換しておくとよいです。
但し、下記のようなトランスコード(ファイル形式の変換)機能を備えたソフトを利用すれば、 各種ファイル形式の動画もREGZAで再生できます。

ファイル形式を変換しながら再生(1)
「PowerDVD 12」の高機能エディション「PowerDVD 12 Ultra」を使用すると、トランスコード機能(ファイル形式の変換) を利用して、MPEG2しか再生できない旧型のREGZAであっても下記の動画ファイルを再生することができます。
 AVI、DivX、MOV、MPEG1/4、WMV9/8/7、MP4、FLV、他
詳細は、下記のページをご覧ください。
 PowerDVD 12の使い方(1)−DLNAとDTCP-IPで機器連携−
 PowerDVD 12の使い方(2)−スマートフォンとの連携−

旧機種(Z8000)でも再生できる動画ファイル
(PowerDVD 12のライブラリーに登録されている動画ファイル)

PowerDVD 12のライブラリーに登録されている動画ファイル

ファイル形式を変換しながら再生(2)
Ultimate CSや「B's 動画 on TV」を使用すると、 トランスコード機能(ファイル形式の変換)を利用して下記の動画ファイルも再生することができます。
 AVI、DivX、MOV、MPEG2-TS、WMV、WMV9-HD、MP4、FLV、他

Ultimate CSにインターネット動画共有サイトへのアクセス機能を追加した「Ultimate CS PRO」が 「B's 動画 on TV」という製品名で2009年10月に新たに発売されました。 これを使用すると各種ファイル形式の動画コンテンツをREGZAで直接再生することができます。 また、YouTubeやニコニコ動画等の投稿動画もREGZAで再生することができます。 詳細は、「B's 動画 on TV」の使い方のページをご覧ください。

デジタル放送番組の再生
デジタル放送チューナー内蔵のパソコンや、外付けのPC用デジタル放送チューナーを用いてパソコンに録画した番組は、 チューナーや録画用ソフトがDLNA・DTCP-IPに対応していれば、ホームネットワークを介してREGZAで再生できます。
2009年10月に発売されたWindows 7にはDLNA(バージョン1.5)が搭載されるようになりましたが、DTCP-IP機能は省かれていますので、 WMP12やWindows Media Centerを用いたデジタル放送番組の配信には対応していません。

<参考>
デジタル放送番組を録画、再生するには著作権保護のために様々な制約があります。 このようなデジタル放送のコンテンツをホームネットワーク(家庭内LAN)を介して取り扱う方法や注意点は、 「デジタル放送のネットワーク化」 のページにまとめてありますのでご覧ください。

コンテンツサーバソフトの入手
上で紹介しましたコンテンツサーバソフトは下記のサイトで販売されています。
  Power DVD 12 (試用版あり)
  B's 動画 on TV
  DiXiM Media Server
  Nero MediaHome 4 (試用版あり)





NAS(LAN対応HDD)の動画・画像・音楽をREGZAで再生

ホームネットワークに接続されたNAS(LAN対応HDD)がDLNAに対応していればREGZAが自動認識して、 コンテンツサーバ機器としてテレビ画面上に表示されますので、 NASに保存されている各種コンテンツをREGZAで再生することができます。

再生できるファイル形式(基本)

  • 動画:MPEG2(音声:MPEG1,2 LayerU、リニアPCM、ドルビーデジタル)
    MPEG4(H.264):旧製品では非対応
  • 静止画:JPEG
  • 音楽:MP3、リニアPCM (2009年以前の機種には音楽に非対応の製品がある)

パソコンに保存されたコンテンツを再生する場合はPowerDVD 12や「B's 動画 on TV」 のようなトランスコード機能のあるコンテンツサーバソフトを使えばMPEG2以外の動画ファイルもREGZAで再生できますが、 NASの場合はそれができないため、 MPEG2(及びMPEG4/H.264)以外のコンテンツはファイル形式変換ソフトを用いて予めMPEG2等の再生できるファイル形式に変換してからNASに保存しておく必要があります。

また、ホームネットワークを介したデジタル放送番組の録画及び再生にはDLNAだけでなく、 デジタル放送の著作権保護技術DTCP-IPにも対応しているNASが必要になります。 詳細については、「東芝REGZA(レグザ)でデジタル放送を録画、再生」のページをご覧ください。

動画・静止画・音楽やデジタル放送番組を保存して配信できるDLNA・DTCP-IP対応のNAS製品は、 「NASの使い方」、 「マルチメディア機器」のページをご覧ください。


参考> DLNAとDTCP-IPに対応した主なNAS製品の価格・口コミ情報
 IO DATA
  HVL-AVシリーズ
   容量1.0TB: HVL-AV1.0 、1.5TB: HVL-AV1.5 、2.0TB: HVL-AV2.0
  HVL-AVRシリーズ
   容量1.0TB: RECBOX HVL-AVR
  HVL1-Gシリーズ
   容量1TB: HVL1-G1.0T
  HVL4-Gシリーズ
   容量2TB: HVL4-G2.0 、4TB: HVL4-G4.0

 Buffalo
  容量1.0TB: LS-AV1.0TL/A 、1.5TB: LS-AV1.5TL/A 、2.0TB: LS-AV2.0TL/A
  容量500GB: LS-XH500L 、1TB: LS-XH1.0TL 、1.5TB: LS-XH1.5TL




<関連ページ(続き)>

REGZAの使い方 ホームネットワークで録画、動画再生
<REGZAの使い方(1)>

東芝REGZA(レグザ)でデジタル放送を録画、再生
<REGZAの使い方(2)>